勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 9月15日に開催された「環状第2号線施設見学会」で渡った「黎明大橋」から撮影した「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」です。着工は2019年3月の予定ですが大規模な解体工事が行われています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」(地上58階、最高高さ194.95m)の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」(地上45階、最高高さ164.85m)の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 「勝どき陸橋」から撮影。「黎明大橋」は歩道があるので開通後はまた撮影できますが、この「勝どき陸橋」は車道しかないのでこれが最初で最後の撮影機会だったと思います。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 翌日の9月16日にもう一度「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」を撮影に行ってきました。これは「ドゥ・トゥール」のスカイデッキからの撮影です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」です。

黎明スカイレジテル
 B地区となる「黎明スカイレジテル」です。A1・A2地区の建設後に地上29階、高さ約106mの板状のタワーマンションに建て替えられます。また、左端のプレハブのような建物は臨港消防署月島出張所仮設庁舎」です。A1地区とA2地区に間にあるA3地区にあった「臨港消防署月島出張所」の仮設庁舎で同再開発でA3地区に再び建設されます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 現地から見た「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 右のタワーマンションは「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)でこれとほぼ同じ高さのタワーマンションがここに建設されます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟 建築計画のお知らせ
 A1棟の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが鹿島建設になるものと思われます。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目705番 他
用途:共同住宅、店舗
総戸数:約1590戸
階数:地上58階、地下3階
高さ:189.22m(最高194.95m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300
延床面積:182,190
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:未定
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 現地から見た「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 こちらはまだ既存建物の地上部の解体工事が続いています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟 建築計画のお知らせ
 A2棟の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが清水建設になるものと思われます。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:約1070戸
階数:地上45階、地下2階
高さ:159.35m(最高164.85m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745
延床面積:138,312
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:未定
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定


勝どき東地区第一種市街地再開発事業
完成予想パース[出典:東京都]


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]


■お知らせ■
 10月上旬に発売となる超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』がAmazonで予約できます!よろしくお願いします!