豊洲ベイサイドクロス
 豊洲で建設中の超高層ビル「豊洲ベイサイドクロス豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業)」(地上36階、高さ180m)です。晴海から撮影しました。手前はショッピングモールの「アーバンドック ららぽーと豊洲」です。

豊洲ベイサイドクロス
 別角度からもう1枚。「豊洲ベイサイドクロス」と「ららぽーと豊洲」はペデストリアンデッキで接続されます。

豊洲ベイサイドクロス
 「ららぽーと豊洲」のすぐ近くからも大きく見えるようになっていました。

豊洲ベイサイドクロス
 この手前は「タワーC」で5〜8階にエネルギーセンターが入る低層のビルとなります。今後はさらに手前に地上24階、高さ125mとなる「タワーB」も建設されます。ちなみに一番高いビルが「タワーA」です。

豊洲ベイサイドクロス
 その「タワーA」(地上36階、高さ180m)です。

豊洲ベイサイドクロス
 「タワーC」とはこのようにちゃんと隙間があります。

豊洲ベイサイドクロス
 左の屋根が三角の建物は「豊洲シビックセンター」(地上12階、高さ69.90m)でゆりかもめ「豊洲」駅と直結です。この「豊洲シビックセンター」と「豊洲ベイサイドクロス」はペデストリアンデッキで繋がります。

豊洲ベイサイドクロス
 低層部ではガラスの取り付けも始まっていました。33階〜36階が三井不動産グループ直営のホテル(約225室)となり、東京五輪前の2020年6月下旬にオープン予定となっています。

豊洲ベイサイドクロス
 この「タワーC」の目の前あたりにペデストリアンデッキが接続されます。また、この地上部分からは隣の豊洲公園に繋がる橋が架けられる計画となっています。

豊洲ベイサイドクロス
 9月15日に開催された「環状第2号線施設見学会」で渡ることができた「豊洲大橋」から撮影した「豊洲ベイサイドクロス」です。10年以上前ですが背後の「豊洲センタービル アネックス」が職場だった時代がありましたが、今は全然違う景色になっていそうです。

豊洲ベイサイドクロス
 昨日載せたのと同じ写真ですが豊洲全体を見るとこのような感じです。

■物件概要■
名称:豊洲ベイサイドクロス
計画名:豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 AC棟
所在地:東京都江東区豊洲2丁目15番12
用途:事務所・商業・ホテル・自動車車庫・エネルギー供給施設
総客室数:約225室
階数:地上36階、塔屋1階、地下2階
高さ:180m
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:19,127.66
建築面積:9,300
延床面積:185,830
建築主:三井不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年4月竣工予定
ホテルオープン:2020年6月下旬予定
商業施設オープン:2020年度上期予定