ザ・タワー 横浜北仲
 みなとみらい線「馬車道」駅直結となるタワーマンション「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)です。38階まで建設が進み39階部分の建設が始まったところでした。

ザ・タワー 横浜北仲
 低層部は商業・文化施設、5階〜45階と52階〜58階が分譲マンション部(全戸完売)で、その途中階である46階は展望フロア、レストラン、宿泊施設「オークウッド」のロビー、そして47階〜51階がその「オークウッド」(175室)の客室となります。

ザ・タワー 横浜北仲
 この角部屋からはみなとみらいの超高層ビル群全体を一望できます。

ザ・タワー 横浜北仲
 この地上58階、高さ199.95mという規模は横浜市で最も高いタワーマンションとなります。

ザ・タワー 横浜北仲
 川崎市には「パークシティ武蔵小杉 ミッドスカイタワー」(地上59階、最高部高さ203.5m)がありますが、未確認情報だと「ザ・タワー 横浜北仲」の塔屋を含む最高部高さは211.95mとなっています。そうなると神奈川県で最も高いタワーマンションとなり、そして完成時は日本一高いタワーマンションとなります。

ザ・タワー 横浜北仲
 少し離れて「横浜ランドマークタワー」横から撮影。

ザ・タワー 横浜北仲
 その「横浜ランドマークタワー」から見下ろした「ザ・タワー 横浜北仲」です。

ザ・タワー 横浜北仲
 39階部分の建設が始まったところでした。

ザ・タワー 横浜北仲
 建設地の左側では「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」(地上35階、高さ135.04m)、右側では「横浜市新市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)が建設中です

ザ・タワー 横浜北仲
 すぐ近くの「よこはまコスモワールド」の観覧車と撮影。

ザ・タワー 横浜北仲
 高層階の住民はその観覧車を見下ろす生活になります。

ザ・タワー 横浜北仲
 新高島駅近くのペデストリアンデッキから撮影。ビルの隙間から見える姿は個人的に好きです。

■物件概要■
名称:ザ・タワー 横浜北仲
プロジェクト名:(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
計画名:(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2他
用途:共同住宅・ホテル・店舗・駐車場
総戸数:1176戸(事業協力者住戸50戸含む、他に宿泊施設・店舗・事務所等)
階数:地上58階、地下1階
高さ:199.95m
構造:RC造(一部S造)
敷地面積:13,135.37
建築面積:8,760.92
延べ面積:168,286.99
建築主:三井不動産レジデンシャル、丸紅
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年11月1日着工〜2020年2月下旬竣工予定
入居:2020年4月下旬予定