The Okura Tokyo(オークラ東京)
 「ホテルオークラ東京本館」の建替え「The Okura Tokyoオークラ東京)」です。左の高層棟が「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ約188m)、右の中層棟が「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)です。

 左の隙間に見える建設中のビルは「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」(地上37階、高さ179.95m)です。周辺では複数の超高層ビルが建設中かつまだ着工していない超高層ビルが複数あり、年々超高層ビル群が成長中している場所です。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 坂を登った場所から見た「The Okura Tokyoオークラ東京)」です。中央は改修・増築工事中の「大倉集古館」です。

オークラ プレステージタワー
 「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ約188m)です。フロア構成は7階までが飲食店や宴会場、グランドチャペルなど、8階〜25階がオフィスフロア、27階がフィットネ&スパ、28階〜36階と38階〜40階が368室の客室、途中の37階がクラブラウンジ、そして最上階の41階は飲食店、チャペル、宴会場が設置されます。

オークラ プレステージタワー
 一度は宿泊してみたいホテルですが軽く予算オーバーするのは間違いありません(^^;)

オークラ プレステージタワー
 中層のホテル専用棟「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)です。坂の上から撮っているので低く感じます。

オークラ プレステージタワー
 六本木一丁目から見た「オークラ プレステージタワー」です。

オークラ プレステージタワー
 ズームです。最上階の41階まで達しています。

オークラ プレステージタワー
 「虎ノ門ヒルズ」前から撮影。

オークラ プレステージタワー
 「虎ノ門ヒルズ」の敷地に入って撮影。「ホテルオークラ東京」の面影は全くありませんが、内装などは旧本館で使用していたものを移設したり再現したりする箇所もあります。

The Okura Tokyo(オークラ東京) フロア構成
フロア構成図[出典:ホテルオークラ]

The Okura Tokyo(オークラ東京) 配置図
配置図[出典:ホテルオークラ]

オークラ ヘリテージウイング
ヘリテージロビー[出典:ホテルオークラ]

オークラ プレステージタワー
メインロビー[出典:ホテルオークラ]

■物件概要■
名称:オークラ プレステージタワー
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:368室
階数:地上41階、地下1階(建築基準法:地上38階、地下4階)
高さ:188.65m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積(合計):20,442.44
建築面積(合計):13,262.54
延床面積(合計):180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定
開業:2019年9月上旬