(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 虎ノ門で建設中の「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)です。目視で数えたところ22階前後を超えところのようでした。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 ビルの周囲には白い日除けのようなものの設置も始まっていました。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 順光に拘って撮影している時期もありましたが、最近はカメラの性能が上がったおかげだと思いますが逆光でもいい感じに撮れるようになりました。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 路地を入った場所から撮影。隣は「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、高さ255.5m)で歩行者デッキで接続されます。また、地下通路も整備され東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」と東京メトロ日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」にも接続されます。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」前から撮影。元々計画地内に教会があったこともありこの角には教会が建設されます。また、ビルの地下1階〜地上3階は店舗フロアとなり、高品質の食品スーパーや大型飲食施設などが入ります。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 この巨大なプレハブのような場所には公園が整備されます。またビル側にはバスターミナルが整備され、BRTの発着所にもなります。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 同方向を「虎ノ門ヒルズ 森タワー」から撮影。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 さらに同方向を「虎ノ門ヒルズ 森タワー」と一緒に撮影。「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」は森タワーのレジデンス部あたりまで高くなります。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
事業名:虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(高層棟)
所在地:東京都港区虎ノ門一丁目201番1
用途:事務所、店舗、ビジネス支援施設、駐車場 等
階数:地上36階、塔屋3階、地下3階
高さ:183.415m(最高185.415m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、場所打ちコンクリート杭
敷地面積:10,064.60
建築面積:8,403.69
延床面積:173,223.90
施工者:虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:森ビル、西松建設、京阪電気鉄道、東京都市開発
設計者:森ビル
デザイナー:(外装)インゲンホーフェン・アーキテクツ、(内装)ワンダーウォールほか
施工者:大林組
工期:2017年2月1日着工〜2019年12月31日竣工予定