虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
イメージパース[出典:内閣府]

 虎ノ門・麻布台地区で計画されている「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。A街区は地上65階、高さ約323mで完成時には「あべのハルカス」(地上60階、高さ300m)を抜いて高さ日本一の超高層ビルとなります。2027年度竣工予定の「東京駅前常盤橋プロジェクト」(地上61階、高さ390m)に高さ日本一の座を奪われますが、数年間の間は高さ日本一の超高層ビルとしてそびえ立つこととなります。

 参加組合員は森ビルと日本郵便で総事業費約5792億円、2019年3月着工、2023年3月竣工予定となっています。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 A街区は高さ日本一の超高層ビルとなりますが、B-1街区は地上64階、高さ約263m、、B-2街区は地上53階、高さ約233mのタワーマンションでこちらはマンションとしては高さ日本一となります。またA街区の高層部もマンションで、複合ビルも含めた住宅フロアの高さではこちらが日本一となります。

・A街区:地上65階、地下6階、高さ約323m
・B-1街区:地上64階、地下6階、高さ約263m
・B-2街区:地上53階、地下6階、高さ約233m
・C街区:地上2〜8階、地下1〜3階、高さ約16〜約43m

 ところでタワーマンションの定義ってどうなっているんでしょうね?A街区は高層部のみ住宅なのでタワーマンションとは呼べないと思っているので、B街区が高さ日本一のタワーマンションだと思っています。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:内閣府]

 各棟の配置はこのようになっており、緑化となる部分もかなりの面積があります。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 歩行者ネットワーク
歩行者ネットワークイメージ[出典:内閣府]

 またこのように地下通路も整備され、日比谷線「神谷町」駅から南北線「六本木一丁目」駅まで繋がることとなります。「六本木ヒルズ」のような新たな巨大な街が誕生日します。というか、森ビルの再開発なのでここの名称は「麻布台ヒルズ」になるのでは?と思っています。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。現地では既存ビルの解体工事があちこちで行われていました。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 これだけ規模をまとめるられるのは凄いことですよね。さすが森ビルといった感じです。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 街区内には稼働している家やマンションがまだありましたが、全戸退去が完了したら街区は閉鎖されもう中には入れなくなるかと思います。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 解体工事中の建物が一番多かった場所です。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 高層マンションの解体も始まっていました。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 配置図には含まれていませんが「旧財務省六本木住宅」も森ビルによって解体され更地になっていました。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 解体工事のお知らせを何箇所か見てみましたがどれも2018年12月31日まででした。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 年末には巨大な更地となっていそうです。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 埋蔵文化財発掘調査中と思われる場所もありました。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 あちこちがこのような状態なのでこれから一気に解体が進みそうな雰囲気でした。

麻布郵便局
 地上65階、高さ約323mのA街区の建設地となる「麻布郵便局」です。

麻布郵便局
 解体工事のお知らせは見当たりませんでしたが、埋蔵文化財発掘調査が行われているようでした。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 六本木ヒルズの展望台から見た「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」方面です。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
 このあたりに巨大な超高層が3棟建設されることとなります。「麻布郵便局」の背後の大きな低層の建物は「霊友会釈迦殿」ですが再開発には参加していません。

 東京タワーより10m低いだけの超高層ビル。実際に見る超高層ビル群はどのように見えるのか今から楽しみです。

■全体の概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
地区面積:約8.1ha
工期:2019年3月着工〜2023年3月竣工予定

■A街区の物件概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 A街区
用途:住宅、事務所、店舗、子育て支援施設、インターナショナルスクール、駐車場等
総戸数:約80戸
階数:地上65階、地下6階
高さ:約323m
敷地面積:約24,100
延床面積:約461,840

■B-1街区の物件概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 B-1街区
用途:住宅、サービスアパートメント、事務所、店舗、駐車場等
階数:地上64階、地下6階
高さ:約263m
敷地面積:約9,600
延床面積:約187,190

■B-2街区の物件概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 B-2街区
用途:住宅、ホテル、店舗、生活支援施設、駐車場等
階数:地上53階、地下6階
高さ:約233m
敷地面積:約16,500
延床面積:約167,520