パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 武蔵小山駅前で建設中のタワーマンション「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41階、最高高さ144.95m)です。21階まで建設が進んでいました。ちょうど半分くらいです。

 右側の低層棟も「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」の一部で商業施設や住宅となります。


パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 メインの高層棟です。左の建物が東急目黒線「武蔵小山」駅で徒歩1分以下の超駅近です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 方向によっては角は直角となっています。屋上には共用施設として芝生もあるスカイテラスが設置されます。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 低層棟です。アーケード街となっている「武蔵小山パルム商店街」に接しています。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 「恵比寿ガーデンプレイスタワー」から見た「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」です。左側に見える重機は「シティタワー武蔵小山」(地上41階、高さ144.504m)の建設地です。同じような高さのタワーマンションがツインタワーのように並ぶようになります。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 少し広角で撮影。右後ろは新川崎でさらにその後ろはみなとみらいの超高層ビル群です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:パークシティ武蔵小山 ザ タワー
計画名称:武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区小山三丁目15番他
用途:共同住宅、店舗、地域コミュニティ施設(子育て支援施設)、駐車場、駐輪場
総戸数:628戸(販売総戸数491戸※高層等住宅の一部、地権者住戸121戸、事業協力者住戸16戸)
階数:地上41階、地下2階
高さ:141.95m(最高高さ144.95m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,418.67
建築面積:4,964.69
延べ面積:75,000.11
建築主:武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合
参加組合員(売主):三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス
設計者:日建設計
施行者:鹿島建設
工期:2016年3月1日着工〜2020年1月上旬竣工予定
入居:2020年4月上旬予定