シティタワー武蔵小山
完成予想図[出典:公式ブログ]

 武蔵小山駅前通り地区で建設中のタワーマンションの名称が「シティタワー武蔵小山」(地上41階、高さ144.504m)に決定しました。

 公式HPがオープンした当初は「(仮称)武蔵小山駅1分超高層住友不動産プロジェクト」となっていましたが、住友不動産単独のプロジェクトのため順当に「シティタワー武蔵小山」となりました。ただ、こういった予想通りの名称発表の前に仮称で発表する意味ってあるんですかね。

 メインのタワーマンション手前は地上9階建ての住宅となる中層棟で、また施設全体の低層部は2階建ての店舗や公益施設が入ります。高層棟と中層棟を合わせて総戸数506戸(非分譲住戸187戸を含む)という規模となります。


シティタワー武蔵小山
完成予想図[出典:公式HP]

 公式HPのトップ画です。都心方面には遮る建物がないためこの図のように東京全体を眺めることが出来そうです。目黒駅まで2駅のため都心にも近く、そして駅前にはアーケード街の武蔵小山商店街パルムもあり生活するにも良さそうな場所です。自分がお金持ちだったら住んでみたいタワーマンションです。8月下旬から販売開始予定です。


シティタワー武蔵小山
 週末に撮影した「シティタワー武蔵小山」の建設地です。右後ろに見えるのが武蔵小山駅前で建設中の「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41階、最高高さ144.95m)です。こちらについても近々載せます。

シティタワー武蔵小山
 武蔵小山駅側から撮影。後ろのマンションは「パークホームズ武蔵小山」(地上19階、高さ59.9m)です。

シティタワー武蔵小山 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:シティタワー武蔵小山
仮称:(仮称)武蔵小山駅1分超高層住友不動産プロジェクト
事業名:武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都品川区小山三丁目 地内
用途:共同住宅、店舗、事務所、公益施設、駐車場、駐輪場
総戸数:506戸(非分譲住戸187戸含む)
階数:地上41階、地下2階
高さ:144.504m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:5,416.38
建築面積:3,257.06
延べ面積:53,456.13
建築主:武蔵小山駅前通り地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施行者:五洋建設
工期:2018年3月15日着工〜2021年6月15日竣工予定
入居:2021年8月中旬予定