(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 カレッタ汐留から撮影した竹芝の再開発「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」(地上26階、高さ120m)です。

 建設地は「浜離宮恩賜庭園」の南側一帯で「アートセンター四季劇場(春・秋)」や芝弥生会館、JR東日本社宅などの跡地で、ホテルや劇場などが建設されます。

 ゆりかもめの高架が弧を描いている場所のビルが「浜離宮インターシティ(スカイハウス浜離宮)」(地上25階、高さ116.15m)、その右後ろで建設中のビルが「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。竹芝の超高層ビル密度が一気に高くなります。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
イメージパース[出典:JR東日本]

 「浜離宮恩賜庭園」側から見たイメージパースです。海側が商業施設、オフィス、ホテルが入る高層棟、その隣の低層の建物が劇団四季が入る劇場棟です。


(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
配置図[出典:JR東日本]

 自由劇場は既存施設として残ります。


(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
断面図[出典:JR東日本]

 高層棟は1階〜4階が商業施設、5階〜14階がオフィス、そして16階〜26階が日本ホテルが運営する265室(予定)のホテルとなります。また、劇場棟には劇団四季が再び戻ってきます。商業施設部分はアトレが運営することとなります。


(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 高層棟の建設地にズームです。タワークレーン1基が設置され地上部の鉄骨が組まれ始めていました。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 近くから撮影。ホテルからは浜離宮恩賜庭園や汐留の超高層ビル群がキレイに見えそうです。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 敷地はゆりかもめの高架と浜離宮恩賜庭園に挟まれた場所となります。最寄り駅はゆりかもめ「竹芝」駅となりますが浜松町駅も徒歩圏です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 海側には高さ約100mの竹芝の超高層ビルが建ち並んでいます。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 人がぞろぞろ歩いていましたが全員「自由劇場」に行く人達でした。四季劇場が再び開業すれば人の流れは大きく変わりそうです。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定