ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
 東京以外で初の「ラ・トゥール」シリーズとなる住友不動産の高級賃貸タワーマンション「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」(地上30階、最高高さ99.990m)です。その名の通り札幌で建設中で道路を挟んだ目の前は「北大植物園」があります。

ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
 建設地は伊藤組土建名誉会長の伊藤義郎邸があった土地の一部で建設地も緑に囲まれています。

ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
 ちょうど最上階となる30階部分の建設が始まっていました。

ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
 総戸数は332戸(非賃貸2戸)で現在8戸が会員ページで家賃と間取りが公開されています。それによると一番安い部屋が3階東向き2LDK(59.07)で16万4000円、一番高い部屋が13階南西角3LDK(95.72)で31万4000円となっています。その他だと20階北東角2LDK(60.28)で17万9000円、21階北西角3LDK(94.29)で27万9000円などとなっています。

 全体では2LDK(84戸)と3LDK(246戸)の間取りのみで、2LDKで一番狭い部屋が59.07屐3LDKで一番広い部屋が156.43屬箸覆辰討い泙后

ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
 こちらは北東角側となります。

ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
 札幌駅の駅ビル「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の展望台から見た「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」です。東側には「京王プラザホテル札幌」(地上23階、高さ85m)と「札幌センタービル」(地上25階、高さ102m)が並んでいます。

ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
 最上部にズームです。

ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
 広角で撮影。左の南側には北大植物園が広がり、右の北側には広大な北大の敷地が広がっています。また、写真上の西側には札幌の山々が広がっています。眺望的にもやっぱり南西角が一番高い部屋ですね。

■物件概要■
名称:ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
計画名:(仮称)N5W8計画
所在地:北海道札幌市中央区北5条西8丁目1-1、1-11、1-12
用途:共同住宅
総戸数:332戸(非賃貸2戸)
階数:地上30階、塔屋2階、地下1階
高さ:99.070m(最高高さ99.990m)
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:14,245.12
建築面積:2034.04
延床面積:42,299.76
建築主:住友不動産
設計者:北海道日建設計
施工者:伊藤組土建
工期:2016年4月1日頃着工〜2019年2月竣工予定
入居:2019年3月予定