GSKビル
 渋谷区千駄ヶ谷に建つ「GSKビル」(地上19階、高さ85.14m)です。日本ビルファンド投資法人が取得し、三井不動産レジデンシャルに売却されています。

GSKビル
 現在は準備・調査中で8月1日から9月30日までがアスベスト除去となっているので、その後に本格的な解体工事が始まるものと思われます。解体工事の工期は2019年7月31日までで施工はフジタです。週刊ダイヤモンドの記事によると解体後の跡地には地上30階建てのタワーマンションが計画されているとの噂があるようです。

GSKビル
 「GSKビル」は地上19階、延べ21,417.77屬旅眩愿錣斑肋10階、延べ9,057.31屬2棟構成となっています。、

GSKビル
 低層棟です。

GSKビル
 場所は東京メトロ新都心線「北参道」の目の前で、明治通りと首都高4号新宿線が交差する角地です。また左後ろに「NTTドコモ代々木ビル」(地上27階、最高高さ239.85m)が見えていますが新宿にも近い立地です。噂通りタワーマンションが建設されるのか注目です。

(仮称)渋谷区千駄ヶ谷四丁目計画
 「(仮称)渋谷区千駄ヶ谷四丁目計画」として看板が出ています。

(仮称)渋谷区千駄ヶ谷四丁目計画 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。発注者は三井不動産レジデンシャルです。