東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー
 「虎ノ門パストラル」の跡地で建設中の「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」(地上37階、高さ179.95m)です。どんどん高くなっていっていますが、手前の「旧鞆絵小学校」跡地で建設中の「気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センター整備等事業」(地上14階、高さ81.705m)はまだ地上部の建設は始まっていませんでした。

東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー
 「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」です。建築基準法上は37階建てとなっていますが運用上では地上38階となります。

東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー
 フロア構成は1階がショップ&レストラン、2階が医療施設・ラウンジ・カンファレンス、3階〜30階がオフィスフロア、31階〜36階は約200室のホテル&サービスアパートメント「東京エディション虎ノ門」、そして37階、38階が総戸数12戸(150屐400)の最高級分譲レジデンスとなります。

東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー
 「東京エディション虎ノ門」はデザイナーに隈研吾氏が起用されます。

東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー
 最上部2フロアに12戸しかないレジデンスはラグジュアリークラスのホテルサービス付きとなります。

東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー
 名称に「虎ノ門」が付いていますが最寄り駅は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅で敷地まで地下通路で結ばれます。

東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー
 建設中の「プラウド虎ノ門」(地上18階、高さ70.62m)の越しに撮影。

東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー
 高低差がかなりある高台の上の方から撮影。近くで見るとかなり大きな超高層ビルです。

虎ノ門トラストタワー
外観イメージ[出典:森トラスト]

東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー
所在地:東京都港区虎ノ門4丁目24-6他
用途:事務所、ホテル、共同住宅、店舗
階数:地上37階、塔屋2階、地下4階
高さ:179.95m
構造:鉄骨造、一部SRC造、一部RC造
基礎工法:直接基礎及び杭基礎
敷地面積:16,210.61屐平声劼魎泙狒澗痢
建築面積:6,915.08
延床面積:198,414.43
建築主:森トラスト
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2016年10月17日着工〜2020年3月16日竣工予定