ホテルオークラ東京 新本館
 「ホテルオークラ東京」の建て替え「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)です。目視では最上階の39階に達したように見えました。中層階までがオフィスフロアで高層階がホテルフロアとなります。

ホテルオークラ東京 新本館
 建て替えと同時に「大倉集古館」の改修・増築工事も行われています。

ホテルオークラ東京 新本館
 ホテル専用棟として地上13階、高さ85mとなる中層棟も建設中です。窓に16階の表記があるので運用呼称の階数か、当初発表と変わったかのどちらかかと思います。

ホテルオークラ東京 新本館
 この「ホテルオークラ東京 新本館」の高層棟も地上38階建てですが運用上は地上41階建てとなります。

ホテルオークラ東京 新本館
 これはこのような傾斜地に建っているためで、坂の上を1階として申請し実際は坂の下を1階として運用するためです。

ホテルオークラ東京 新本館
 そんな坂の一番下から見上げた高層棟です。

ホテルオークラ東京 新本館
 すぐ近くの「赤坂インターシティAIR」から撮影。数値以上に大きく見えます。

ホテルオークラ東京 新本館
 「虎ノ門ヒルズ」前から撮影。

ホテルオークラ東京 新本館
 「虎ノ門ヒルズ」の屋上広場から撮影。実際に見るともっと大きく感じます。

ホテルオークラ東京 新本館 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階(運用呼称:地上16階?)
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定