(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 高さ日本一のタワーマンション「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)の建設地です。タワークレーン2基で地上部の建設が始まっていました。

 背後に見えるタワークレーン4基で建設中のビルは「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」(地上37階、高さ179.95m)で、虎ノ門ではこれ以外にも複数の大規模再開発が同時に進行しており一気に景色が変わりそうです。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 愛宕山の中腹から撮影。1枚目の撮影場所である「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)と「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」はペデストリアンデッキで接続され、さらにはこの撮影地である愛宕山にも接続される計画となっています。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 最初に『高さ日本一のタワーマンション』と書きましたが、同じ森ビルによる大規模再開発「虎ノ門・麻布台地区」では地上64階、高さ約263mと地上53階、高さ約233mのタワーマンションが計画されています。また「虎ノ門・麻布台地区」では地上65階、高さ約323mの超高層ビルも計画されており、そこの56階〜65階は住宅フロアとなる予定となっています。これらが完成するとタワーマンションとしての高さ日本一の座が移動することになります。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 フロア構成は1階〜3階は約1000屬両Χ隼楡澆伐餔制「ヒルズスパ」、2階に子育て支援施設、4階〜11階がサービスアパートメント、そして12階〜54階がグローバルレベルのレジデンス約550戸となります。分譲と賃貸があるようですが家賃100万以上、分譲価格10億円以上の部屋が相当数想定されているとのことです。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 愛宕神社車道の隣も「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の敷地です。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 完成予想図
完成予想図[出典:森ビル]

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2021年1月31日竣工予定