ブルガリ ホテル 東京
完成予想図[出典:三井不動産]

 昨日、2018年4月23日に三井不動産とブルガリ ホテルズ & リゾーツより日本初のブルガリ ホテル「ブルガリ ホテル 東京」が2022年末に開業すると発表がありました。ブルガリ ホテルは今後オープンする上海(2018年)、モスクワ、パリ(2020年)に続いて9軒目となります。

 「ブルガリ ホテル 東京」が開業する場所は東京駅前で建設中の「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)で39階から最上階45階までの7フロアに展開されます。客室は全98室でツイン・ダブルルームを中心にスイートから究極のブルガリスイートまで多彩なタイプが用意されるとのことです。

 インテリアデザインはイタリアの建築設計事務所アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールが手掛けます。

▼三井不動産:ニュースリリース(2018年4月23日)
2022年「ブルガリ ホテル 東京」開業合意
ブルガリ ホテルズ & リゾーツ日本初進出



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の主な用途はオフィスですが、地下にバスターミナル、低層部に商業施設、中央区立城東小学校などが入る複合ビルとなります。

 「ブルガリ ホテル 東京」には約1,500m2のブルガリ・スパ、最先端のフィットネスジムと25m屋内プールも設置されます。


八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 この配置図には描かれていませんが外堀通りを渡ると東京駅です。直結する八重洲地下街を通っても東京駅へ行くことが出来ます。


八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
 2週間くらい前に載せたのと同じ現地の写真も載せておきます。撮影日は4月8日で現在は既存ビルの解体工事が行われています。2018年11月の着工予定です。

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
 中央区立城東小学校跡地です。再開発ビルに再び戻ってきます。

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
 八重洲通り側です。配置図の通り街区全体が再開発に参加とはならずに虫食い状態となります。ただし東京駅側の角地に建つ「ヤンマー東京ビル」はB街区として再開発される予定となっています。

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A-1街区)■
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目2番の一部および3番
用途:事務所、店舗、ホテル(ブルガリ ホテル 東京)、小学校、バスターミナル、駐車場等
総客室数:98室
階数:地上45階、塔屋2階、地下4階
高さ:240m(最高240m)
構造:S造一部SRC、RC造
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:12,390.43
建築面積:10,885
延床面積:287,200
建築主:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合(事業協力者:三井不動産)
設計者:日本設計
施工者:竹中工務店
工期:2018年11月下旬着工〜2022年8月下旬竣工予定