(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 虎ノ門で建設中の「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)です。前回訪問時はタワークレーン2基でしたが4基に増えていました。これからタワークレーン4基で一気に鉄骨が組まれて行くかと思います。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 いつもは歩道橋から撮っていたのですが今回は地上から撮影。1フロアが大きな超高層ビルです。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 一本中に入った場所から撮影。こちら側には教会、公園、BRTの発着所にもなるバスターミナルが整備されます。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 虎ノ門駅側から撮影。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 隣の「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)の2階部分から撮影。標準レンズでは入り切りませんでした。現在は4階部分まで鉄骨が組まれています。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 前回訪問時はこちら側の鉄骨は組まれていませんでしたが、タワークレーンが設置されこちら側の鉄骨も組まれ始めています。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 次回訪問時には「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の2階部分からも鉄骨が見えそうです。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 完成予想図
完成予想図[出典:森ビル]

 この図には描かれていませんが「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の右側には「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、高さ約265m)が建設予定となっています。


(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
事業名:虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(高層棟)
所在地:東京都港区虎ノ門一丁目201番1
用途:事務所、店舗、ビジネス支援施設、駐車場 等
階数:地上36階、塔屋3階、地下3階
高さ:183.415m(最高185.415m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、場所打ちコンクリート杭
敷地面積:10,064.60
建築面積:8,403.69
延床面積:173,223.90
施工者:虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:森ビル、西松建設、京阪電気鉄道、東京都市開発
設計者:森ビル
デザイナー:(外装)インゲンホーフェン・アーキテクツ、(内装)ワンダーウォールほか
施工者:大林組
工期:2017年2月1日着工〜2019年12月31日竣工予定