道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 渋谷駅前の「旧東急プラザ渋谷」などの跡地で建設中の「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上19階、高さ103.31m)の完成予想図です。

 地下1階〜地上8階と17階、18階が商業施設がとなり17階部分には屋上広場が設置されます。また、9階〜17階はオフィスフロアとなります。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 現在はタワークレーン2基で鉄骨が組まれ始めています。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 近くの歩道橋から撮影。結構大きなビルのため近くからだとカメラに入り切りません。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 ということで、首都高越しに撮影してみましたが…首都高を超えて見えるまではイマイチな撮影スポットでした(^^;)

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 セルリアンタワーから撮影。柱の隙間から辛うじてタワークレーンの土台が撮れました。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 首都高を超える歩道橋から撮影。背後は「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)です。高さなど「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」は渋谷駅の再開発では大きい方ではありませんが、商業施設も入るビルとなるので渋谷駅前の新しい顔の一つとなるかと思います。

■物件概要■
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上19階、地下5階
高さ:103.31m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,316.56
延床面積:58,679.49
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年11月1日〜2019年10月31日竣工予定