パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 武蔵小山駅前で建設中の「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41階、最高高さ144.95m)です。7,8階あたりまで建設が進んでいました。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 左側の低層の建物が東急目黒線「武蔵小山」駅で、地下に降りるとすぐに改札なので敷地から1分かからずに改札を通ることが出来そうな立地です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 「武蔵小山」駅前から撮影。右側は商業施設が入る低層棟です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 隣にはアーケード街のパルム商店街があります。こちら側でも「小山三丁目第1地区」「小山三丁目第2地区」といった再開発が検討されています。駅に近い第1地区では地上38階、延べ11万6000峙模のタワーマンションが想定されています。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」を近くから見上げた様子です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 向きによって角の形状が違います。公式HPを見ると4月14日から第2期4次の販売が始まるようで、専有面積60.05屐108.96屐⇒縦衄稜箍然覆7800万円〜20590万円となっています。普通の人では手を出せない価格帯ですね。。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 低層棟です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 五反田方面から見た「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 今は「パークホームズ武蔵小山」(地上19階、高さ59.9m)が目立っていますがこの倍以上の高さとなり、さらには右隣では「武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業」(地上41階、高さ144.504m)の建設も始まるのでこの景色は一変しそうです。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
完成予想図[出典:公式HP]

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
完成予想図[出典:公式HP]

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
複合再開発全体図[出典:公式HP]

パークシティ武蔵小山 ザ タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:パークシティ武蔵小山 ザ タワー
計画名称:武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区小山三丁目15番他
用途:共同住宅、店舗、地域コミュニティ施設(子育て支援施設)、駐車場、駐輪場
総戸数:628戸(販売総戸数491戸※高層等住宅の一部、地権者住戸121戸、事業協力者住戸16戸)
階数:地上41階、地下2階
高さ:141.95m(最高高さ144.95m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,418.67
建築面積:4,964.69
延べ面積:75,000.11
建築主:武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合
参加組合員(売主):三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス
設計者:日建設計
施行者:鹿島建設
工期:2016年3月1日着工〜2020年1月上旬竣工予定
入居:2020年4月上旬予定