丸の内二重橋ビルディング
 丸の内で建設中の「丸の内二重橋ビルディング」(地上30階、最高高さ150m)です。当ブログでは計画名称の「(仮称)丸の内3-2計画」と呼んできましたが「丸の内二重橋ビルディング」に決定しています。

丸の内二重橋ビルディング
 丸の内仲通り側の低層部です。

丸の内二重橋ビルディング
 中層部から高層部はオフィスフロアとなります。

丸の内二重橋ビルディング
 東京駅側から撮影。最初の写真もそうですがこちら側は裏といった感じです。

丸の内二重橋ビルディング
 この日比谷通りが通る「馬場先門」交差点側が正面かと思います。

丸の内二重橋ビルディング
 三菱地所、東京商工会議所、東京會舘による区分所有のビルとなり、低層部には会議室やバンケットとなります。先程の丸の内仲通り側には路面店舗が入る予定です。

丸の内二重橋ビルディング
 セットバックしている部分もあるので低層部はこれくらい離れて見た方がわかりやすいですかね。地下通路と直結となるので、そのまま日比谷駅、二重橋駅、大手町駅、東京駅など地上を通らずに行けるようになります。竣工は今年の10月予定です。

■物件概要■
名称:丸の内二重橋ビルディング
計画名:(仮称)丸の内3-2計画 新築工事
所在地:東京都千代田区丸の内3丁目2-3
用途:事務所、商業施設、宴会場、会議場、駐車場
階数:地上30階、塔屋2階、地下4階
高さ:140m(最高高さ150m)
構造:地上:鉄骨造 地下:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,935.02
建築面積:8,355.06
延床面積:174,076.60
建築主:三菱地所、東京商工会議所、東京會舘
設計者:三菱地所設計
施工者:大成建設
工期:2015年11月着工〜2018年10月中旬竣工予定