パークタワー晴海
 晴海で建設中の「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)です。30階あたりまで建設が進んでいました。手前の橋は「晴海橋梁(旧晴海鉄道橋)」で遊歩道化する計画もあります。

パークタワー晴海
 「パークタワー晴海」にズームです。手前の空き地は晴海小野田レミコン」跡地で、ここにも同規模のタワーマンションが建設される可能性があります。

パークタワー晴海
 ただ、中央区は人口増抑制のため容積率の緩和の廃止を行うというニュースもあったので、タワーマンション建設は落ち着ついてしまうかもしれないですね。

パークタワー晴海
 隅田川から豊洲にかけては日本最大のタワーマンション街になるかと思っていたのですがどーなるのでしょうね?

パークタワー晴海
 「パークタワー晴海」は工事のやり直しがあったため当初計画よりは遅れていますが、やはり地上部の建設が始まると一気に伸びていきますね。

パークタワー晴海
 「ザ・パークハウス晴海タワーズ」(地上49階、最高高さ約170m)が隣に建っているため、最上階まで達すると中々の迫力となりそうです。

パークタワー晴海
 都立春海橋公園から撮影。というか、ここも都立春海橋公園でしょうか?区立豊洲公園、ららぽーと豊洲があり境目がよくわかりません。

パークタワー晴海
 こちらはららぽーと豊洲の敷地でいいのでしょうか?とにかくどこから見ても巨大なタワーマンションが建ち並ぶ姿は壮観です。

■物件概要■
名称:パークタワー晴海
計画名:(仮称)中央区晴海二丁目計画
所在地:東京都中央区晴海二丁目104番、105番(地名地番)
用途:共同住宅、保育所、店舗
総戸数:1076戸(他に保育施設1区画、店舗1区画)
階数:地上48階、地下1階
高さ:169.99m(最高高さ178.49m)
敷地面積:19,161.72
建築面積:5,110.66
延床面積:120,797.93
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎
建築主:三井不動産レジデンシャル
売主:三井不動産レジデンシャル、近鉄不動産、JX不動産、新日鉄興和不動産、住友商事
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2014年8月1日着工〜2019年5月下旬竣工予定
入居:2019年9月下旬予定