(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
完成予想図[出典:新宿区]

 西新宿の超高層ビル群の谷間で建設中の「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」(地上34階、高さ160m)の完成予想図です。これは新宿公園側から見た図です。


(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
完成予想図[出典:新宿区]

 こちらは十二社通りから見た完成予想図です。大きな通りには面していない立地のため、こうしてビルの背後に超高層ビルといった感じになっています。


(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
断面図[出典:新宿区]

 フロア構成はこのように2階〜9階が住宅フロア、10階が免震層と機械室、11階〜31階がオフィスフロア、32階、33階が機械室となっていますが、これは地上33階で計画されていたときの断面図のため、現在はオフィスフロアが1フロア増えているものと思われます。


(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
配置図[出典:新宿区]

 このように先が尖った敷地のため、その部分は大きな広場となるようです。


(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
 2月4日に撮影した「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」の建設地です。1枚目の完成予想図と同じような方向から撮影しました。

(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
 タワークレーンが設置され1階ロビーの鉄骨が組まれて始めていました。

(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
 こちら側がオフィスエントランスホールとなります。

(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
 こちら側が住宅エントランスホールとなります。オフィスと住宅のエントランスホールの間には防災センターが設置されます。

(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
 背後にのタワーマンションは「コンシェリア西新宿 TOWER'S WEST」(地上44階、最高高さ159.8m)です。これとほぼ同じ高さの超高層ビルとなります。

(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
 5階建てのビルが残っていますがここは再開発には参加していないため虫食い状態となります。

(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
 北西側から見た「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」です。背後のビルは「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」(地上46階、最高高さ167.81mm)です。このように超高層に挟まれた立地のため高さの割に眺望はあまりなさそうな超高層ビルとなります。

(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画
所在地:東京都新宿区西新宿六丁目666番1外
用途:事務所、共同住宅
階数:地上34階、塔屋2階、地下2階
高さ:160m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:5,615.66
建築面積:2,272.74
延床面積:61,321.29
事業者:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2017年6月初日着工〜2019年6月末日竣工予定