ホテルオークラ東京 新本館
 建替え中の「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)の建設現場です。右側が地上38階、高さ188.65mとなる高層棟、左側が地上13階、高さ85mとなる中層棟、そして真ん中の建物が「大倉集古館」です。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 高層棟です。中層階がオフィスフロアとなり、高層階がホテルとなります。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 低層部ではガラスカーテンウォールの取り付けも始まっていました。建て替え前の「ホテルオークラ東京」とは違って近代的な外観となります。ただ、内部はロビーをはじめとした旧本館のインテリア、装飾など、可能な限り新本館に移設、再現されれることとなっています。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 他の方向でも一部ガラスカーテンウォールの取り付けが始まっています。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 建設地はこのような急な傾斜地で登るのに疲れる坂です。毎回書いていますが、この坂のため運用では坂の下を1階とするため地上38階建てとなっていますが運用上は地上41階建てとなります。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 隣の「虎ノ門ツインビルディング」の敷地からもかなり目立つようになってきました。

ホテルオークラ東京 新本館 中層棟
 同じく「虎ノ門ツインビルディング」の敷地から見た地上13階、高さ85mとなる中層棟です。こちらはホテル専用の建物となります。

ホテルオークラ東京 新本館 中層棟
 隣の「新虎の門病院」(地上19階、最高高さ99.55m)の建設地越しに見た中層棟です。虎ノ門地区は再開発が活発です。

ホテルオークラ東京 新本館
 坂の下から見た「ホテルオークラ東京 新本館」です。鉄骨むき出しはいいですね〜。ただ、ガラスカーテンウォールの取り付けが始まっているので、この鉄骨むき出し状態ももうすぐ終わりそうです。

ホテルオークラ東京
 ところでこの「Hotel Okura」の看板はずっとこのまま何ですかね?最後にキレイになってしまったらちょっと寂しいですね。

ホテルオークラ東京 新本館 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定