(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
施設断面図[出典:横浜市]

 横浜市環境影響評価条例に基づき、平成29年12月28日に中山駅南口地区市街地再開発準備組合から第2分類事業判定届出書及び添付資料が提出されました。その資料が2018年1月15日に公開されています。

 これはその資料に掲載されている施設断面図でB敷地の商業施設・住宅施設は地上29階、塔屋1階、地下1階、高さ約99m、最高高さ約108m、延べ面積約55,300屐∩躙与約420戸が計画されています。

 A-1敷地の商業施設は地上5階、塔屋1階、地下2階、高さ約25m、最高高さ約30m、延べ面積約14,500屐A-2敷地の商業施設は地上3階、塔屋1階、高さ約16m、最高高さ約20m、延べ面積約1,000屬之弉茲気譴討い泙后

 工期は2021年着工、2024年竣工を予定しており、2024年の供用開始を目標としています。

▼横浜市環境創造局:環境アセスメント
(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業に係る第2分類事業判定届出書の提出について


(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
施設配置図[出典:横浜市]

 配置図です。JR横浜線「中山」駅の目の前は商業施設となり、その西側の駅前広場を挟んでもう一つの商業施設となり、そして計画地内では一番駅から遠い場所に地上29階建てのタワーマンションとなっています。


(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
 昨日、1月21日に撮影した現在の計画地です。このマルダイスクエアが建っているあたりが地上29階建てのタワーマンション建設予定地です。

(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
 この隣の中山駅に向かう道路の左側一帯が「(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業」となります。

(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
 計画地内には大きな駐車場もありました。

(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
 パチンコ屋もあったので再開発後もパチンコ屋が入るのかもしれません。

(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
 こんなビルもありました。

(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
 反対側から見るとこのようなビルでお寿司屋さんだけ営業しているようでした。

(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
 外階段はこの通り雰囲気のある場所となっていました。

(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
 中山駅から見た「(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業」方面です。計画通り進むとこのあたりの建物は全て解体されて新しい街に生まれ変わります。

(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
 現在の中山駅前です。人やバスの導線を確保しながらの再開発となると思うので、完成までは色々と導線の変化がありそうですね。

■物件概要(B敷地)■
名称:(仮称)中山駅南口地区第一種市街地再開発事業 B敷地
住所:神奈川県横浜市緑区台村町の一部、寺山町の一部、中山町の一部
用途:商業施設、住宅施設
階数:地上29階、塔屋1階、地下1階
高さ:約99m(最高高さ約108m)
敷地面積:約10,700
建築面積:約7,650
延床面積:約55,300
建築主:中山駅南口地区市街地再開発準備組合
工期:2021年着工〜2024年竣工予定