新さっぽろ駅周辺地区I街区
新さっぽろ駅周辺地区I街区 完成予想図[出典:札幌市]

 札幌駅から新千歳空港に向かう快速エアポートで最初の停車駅である「新札幌」駅の周辺地区では民間事業者による開発案を公募していましたが、昨年3月に大和ハウス工業を代表とするグループが最優秀提案者に決定しました。

 この完成予想図は「新さっぽろ」駅のすぐ近くのI街区で地上31階、地下1階、29,296屬離織錙璽泪鵐轡腑鵝地上5階、地下1階、48,702屬両Χ隼楡漾地上13階、13,068屬離曠謄襦△修靴特肋5階〜7階の医療施設4棟が計画されています。開業時期は2022年4月の予定となっています。

▼札幌市(新さっぽろ駅周辺地区のまちづくり)
新さっぽろ駅周辺地区G・I街区公募提案型売却について


新さっぽろ駅周辺地区G・I街区
新さっぽろ駅周辺地区G・I街区 位置図[出典:札幌市]

 I街区の位置はこのように地下鉄東西線の「新さっぽろ」駅の目の前で、JR「新札幌」駅もすぐ近くです。またG街区では地上6階と4階の大学施設、地上2階の産学連携施設が計画されています。


新さっぽろ駅周辺地区I街区
 これは2005年に父が新札幌駅周辺をヘリから撮影した写真です。赤色を付けた辺りがI街区で、位置図を見ると左上のビルはI街区には入っていませんが、完成予想図を見ると商業施設部分となっているのでそこも含めて再開発を行うようです。

新さっぽろ駅周辺地区I街区
 2017年末に撮影した「新さっぽろ駅周辺地区I街区」です。空撮写真の通り以前は団地があった場所ですが既に解体されています。

新さっぽろ駅周辺地区I街区
 この一番奥あたりに31階建てのタワーマンションが計画されています。

新さっぽろ駅周辺地区I街区
 近くから撮影。今は何もない場所ですが計画通り再開発が行われると隣には大型の商業施設が建設されます。そもそも新札幌駅は現時点でイオン(旧ダイエー)、サンピアザ、カテプリ(旧プランタン)、duo1、duo2といった商業施設があります。他にも青少年科学館、水族館、区役所といった施設も周辺にはあります。

新さっぽろ駅周辺地区I街区
 正確な位置はわかりませんが、大雑把にこの道路の左がマンション、右が商業施設といった感じかと思います。

新さっぽろ駅周辺地区I街区
 別の道路です。ここも大雑把に左が商業施設、右が医療施設といった感じかと思います。正面の超高層ビルは「ホテルエミシア札幌(旧シェラトンホテル札幌)」(地上32階、高さ115m)です。I街区に建設されるタワーマンションと距離はそれなりに離れた場所なのでそれほど視界の邪魔にはならなさそうです。

新さっぽろ駅周辺地区I街区
 商業施設の建設地予定地あたりです。立体駐車場とその隣のビルは解体されることになるようです。

新さっぽろ駅周辺地区I街区
 こちらの方には医療施設が4棟建設されます。

 どこまで契約や計画が進んでいるのかわかりませんが、ここ新札幌は実家から徒歩圏のため今後どう街が変わって行くのか楽しみです。

■物件概要(I街区)■
計画街区:新さっぽろ駅周辺地区I街区
所在地:北海道札幌市厚別区厚別中央1条6丁目
用途:商業施設、ホテル、集合住宅、医療施設、
階数:地上31階、地下1階(集合住宅)
延床面積:48,702(集合住宅)
事業者:大和ハウス工業(代表)、大和リース、新さっぽろ脳神経外科、新札幌整形外科、北海道ファーマライズ、記念塔病院
開業:2022年4月予定