ハレザ池袋
 豊島区庁舎・豊島公会堂跡地の再開発「Hareza池袋ハレザ池袋)」の完成予想図です。現地看板を撮影しました。地上33階、高さ158.28mのオフィス棟と新ホール棟、新区民センターの3棟のビルが建設されます。

 オフィス棟の2〜6階は10スクリーンのシネコンとなり、オフィスフロアは7階〜32階となります。新ホール棟にはミュージカル・宝塚歌劇・オペラ・伝統芸能など様々な公演が行われる約1300席となるホールや、先端のコンテンツが発信される「ライブ劇場」が整備されます。また、新区民センターには多目的ホールが複数整備されます。この看板にも書いてありますが合計で8つの劇場が整備され、中池袋公園を含めたエリア全体を活用したイベントなども開催される計画となっています。

ハレザ池袋
 このように各棟は2階部分が歩行者デッキで接続されます。近くでは民間のシネコンタワーも建設中のため、池袋と言えば映画館や劇場が集まる場所といった感じになるかもしれません。2020年夏のグランドオープン予定です。

ハレザ池袋
 サンシャイン60の展望台から見た「ハレザ池袋」です。

ハレザ池袋
 鉄骨が組まれている方が新ホール棟です。

ハレザ池袋 オフィス棟
 新ホール棟の後ろの建設現場がオフィス棟です。

ハレザ池袋 オフィス棟
 地上から見たオフィス棟の建設中です。

ハレザ池袋
 中池袋公園から見た「ハレザ池袋」方面です。鉄骨が組まれているのが新ホール棟で、その左側に地上33階、高さ158.28mのオフィス棟が建設されます。

ハレザ池袋 新ホール棟
 近くから新ホール棟を見上げてみました。

ハレザ池袋 新ホール棟
 明治通り側から撮影。池袋駅からは北東側でサンシャイン60に行くよりも近い場所です。

ハレザ池袋 オフィス棟 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A棟)■
名称:ハレザ池袋 オフィス棟
計画名:(仮称)豊島プロジェクト(A敷地)
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目18番1
用途:事務所、映画館、集会場、店舗、駐車場
階数:地上33階、地下2階
高さ:158.28m
構造:S造+RC造+SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:3,619.67
建築面積:2,194.10
延床面積:68,605.39
事業者:東京建物、サンケイビル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年5月31日竣工予定