パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 「日本一、感じのいいタワマン」のキャッチフレーズで話題となった「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41階、最高高さ144.95m)です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 建設地は東急目黒線「武蔵小山」駅の目の前でマンション本体の工事も始まっています。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 マンション本体にズームです。低層部は商業施設となりますが現在はそのあたりかと思います。左に見切れている建物の地下が「武蔵小山」駅で、公式では徒歩1分ということになっていますが駅の敷地からマンションの敷地までは徒歩数秒です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 数日前に載せた「武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業」(地上41階、高さ144.504m)側から見た「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」です。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 商業施設が入る低層棟側です。この右側がアーケード街の「武蔵小山パルム商店街」です。そのため建設地は「武蔵小山パルム駅前地区」とも呼ばれています。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 3階部分にはちょっとした屋上庭園も設置されます。

パークシティ武蔵小山 ザ タワー
完成予想図[出典:公式HP]

 パークシティシリーズらしい外観となります。


パークシティ武蔵小山 ザ タワー
 高層棟と低層棟の間には広場も設置されます。


パークシティ武蔵小山 ザ タワー
完成予想図[出典:公式HP]

 このように商業施設部分はそれなりの広さがあります。隣にはパルム商店街もあるので普段の買い物や飲食には困らない場所かと思います。


パークシティ武蔵小山 ザ タワー
スカイテラス完成予想CG[出典:公式HP]

 屋上には共用施設として芝生もあるスカイテラスが設置されます。第1期の販売は終了しており2月中旬から第2期の販売開始予定となっています。


パークシティ武蔵小山 ザ タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:パークシティ武蔵小山 ザ タワー
計画名称:武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区小山三丁目15番他
用途:共同住宅、店舗、地域コミュニティ施設(子育て支援施設)、駐車場、駐輪場
総戸数:628戸(販売総戸数491戸※高層等住宅の一部、地権者住戸137戸)
階数:地上41階、地下2階
高さ:141.95m(最高高さ144.95m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,418.67
建築面積:4,964.69
延べ面積:75,000.11
建築主:武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合
参加組合員(売主):三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス
設計者:日建設計
施行者:鹿島建設
工期:2016年3月1日着工〜2020年1月上旬竣工予定
入居:2020年4月上旬予定