ホテルオークラ東京 新本館.
 「ホテルオークラ東京 本館」の建て替え「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)です。右側が地上38階、高さ188.65mのオフィスとホテルからなる高層棟で、左側が地上13階、高さ85mのホテルとなる中層棟です。真ん中の建物は改修・増築工事が行われている「大倉集古館」です。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 高層棟はオフィス部分の鉄骨を組んでいるところでした。ホテル部分は高層階となります。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 まだ鉄骨むき出しの状態で外壁やガラスが入っている箇所はなさそうでした。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 建設地はこのような傾斜地となっています。こういった傾斜地では坂の上を1階として申請し、運用では坂の下を1階として高さや階数を押さえることが多いです。そのためここも地上38階建てとなっていますが運用上は地上41階となります。

ホテルオークラ東京 新本館
 1枚目とは反対側の坂の下から見た「ホテルオークラ東京 新本館」です。左が高層棟で右が中層棟です。

ホテルオークラ東京 新本館 中層棟
 逆光なので少し移動して中層棟を撮影。

ホテルオークラ東京 新本館 中層棟
 反対側の坂の上から撮影。こちらは1棟丸々ホテルとなりますが、宿泊するなら高層棟の方に泊まってみたいですね。でも気軽に宿泊できる金額ではないでしょうね。

ホテルオークラ東京 新本館
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:新日鉄興和不動産]

ホテルオークラ東京本館
ホテルオークラ東京本館の施設構成図[出典:新日鉄興和不動産]

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定