豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 豊洲駅前の大規模再開発「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。地上鉄骨建方が開始されていました。現在建設中のビルは高層部にホテルが入るAC棟(地上36階、高さ180m)で、左の奥にはB棟(地上24階、高さ125m)が建設されます。AC棟のC棟部分は低層でエネルギーセンターなどが入ります。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 鉄骨が組まれている部分にズームです。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 2箇所で鉄骨が組まれていました。最初のがA棟でこちらはC棟です。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 背後に見えているのは「ららぽーと豊洲」で、この再開発によりデッキで2階部分が接続されます。同再開発はゆりかめも「豊洲」駅にも接続するので新しい動線ができることとなります。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 「ららぽーと豊洲」のアネックス棟から見た「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」です。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 A棟の地上鉄骨です。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 A棟とC棟の間あたりです。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 C棟です。この奥にB棟が建設されます。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:三井不動産]


豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 用途構成図
豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 用途構成図[出典:三井不動産]

 A棟の33階〜36階に入るホテルは三井不動産グループ直営で約225室となります。東京五輪前の2020年6月下旬開業予定です。


豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 敷地配置図
豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 敷地配置図[出典:三井不動産]

 同再開発ビルからは「ららぽーと豊洲」以外に「豊洲公園」にも行けるようになります。


豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 隣には配置図等も一緒に設置されています。

■物件概要■
計画名:豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 AC棟
所在地:東京都江東区豊洲2丁目15番12
用途:事務所・商業・ホテル・自動車車庫・エネルギー供給施設
総客室数:約225室
階数:地上36階、塔屋1階、地下2階
高さ:180m
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:19,127.66
建築面積:9,300
延床面積:185,830
建築主:三井不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年4月竣工予定
ホテルオープン:2020年6月下旬予定
商業施設オープン:2020年度上期予定