大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 日本一の高さ390mとなる超高層ビルが建設される「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。手前で解体中のビルは「大和呉服橋ビル」と「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)で、ここには「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上40階、高さ212m)が建設されます。高さ390mとなるB棟はその背後となりますがまだ何年かの間はオフィスビルとして稼働します。

大和呉服橋ビル
 解体中の「大和呉服橋ビル」です。随分と解体が進み見える景色も変わってきました。解体されて地上部の建設が始まるまでの間にだけ見える景色は貴重です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 別角度から。タワークレーンで解体中のビルは「JXビルです。

JXビル
 もう少し近くから。この方向の景色も今まで見ることができなかった景色です。

JXビル
 ところであのタワークレーンはこうしてチョコンと乗っています。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 東京駅日本橋口前から見た「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟」の建設地方面です。当初は地上37階、高さ230mで計画されていましたが、現在は地上40階、高さ212mとなっています。高さは減りましたが階数は増えています。

日本ビル
 部分解体工事が行われて独特の壁となった「日本ビル」です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 現在はこの解体された場所で「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟」(地上9階、高さ65m)が建設中です。地下には下水ポンプ所が建設され、現在「日本ビル」の地下にある下水ポンプ所の機能を移転し、その後「日本ビル」の残りの部分と隣の「朝日生命大手町ビル」を解体して、高さ390mとなるB棟を建設します。このためB棟は2023年度着工、2027年度竣工予定となっています。

日本ビル
 東京駅日本橋口前から見た「日本ビル」です。

朝日生命大手町ビル
 こちらの「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)は2021年度から解体工事が行われる予定です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。A棟、C棟鬼は戸田建設によって施工されることとなりました。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 開発事業のお知らせ
 開発事業のお知らせです。A棟は地上37階から40階、高さ230mから212m、建築面積3,900屬ら4,000屐延床面積140,000屬ら146,000屬吠儿垢砲覆辰討い泙后9發気聾困蠅泙靴燭規模拡大です。そのため上に載せた建築計画の数値も若干変わっています。

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,400
延床面積:686,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:A棟は戸田建設、BC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:212m
建築面積:4,000
延床面積:146,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定