(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 竹芝の再開発「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」の計画地です。手前の山留工事が行われている場所が地上26階、高さ122mの高層棟の建設地で、低層階が商業施設、中層階がオフィスフロア、そして高層階がホテルフロアとなる複合ビルが建設されます。奥の解体中のビルは四季劇場で、解体後は再び劇団四季や商業施設が入る劇場棟が建設されます。

 右奥の緑地は浜離宮恩賜庭園で、中央奥の超高層ビル群は汐留です。最寄り駅はゆりかもめ「竹芝」駅でJR「浜松町」駅等も徒歩圏の立地です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 少し移動してもう1枚。高層棟の建設地はJR東日本浜松町社宅や弥生会館の跡地です。

アートセンター四季劇場(春・秋)
 解体中の「アートセンター四季劇場(春・秋)」です。劇団四季の [春]・[秋]の劇場があった場所で[春]ではライオンキングが上演されていました。

アートセンター四季劇場(春・秋)
 四季劇場[秋]側です。

アートセンター四季劇場(春・秋)
 四季劇場の中央です。どんどん解体されています。

アートセンター四季劇場(春・秋)
 四季劇場[春]側です。解体工期は2018年6月16日までとなっています。

竹芝ウォーターフロント開発計画 イメージパース
竹芝ウォーターフロント開発計画 イメージパース[出典:JR東日本]

竹芝ウォーターフロント開発計画 配置図と断面図
竹芝ウォーターフロント開発計画 配置図と断面図[出典:JR東日本]

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。東京五輪前の2020年6月30日に竣工予定です。

■(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画の物件概要■
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:122m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.300屐粉存建物含む面積:15,700屐
延床面積:108,500屐粉存建物含む面積:111,500屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:未定
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定