道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
外観(北東側)イメージ[出典:東急不動産]

 昨日、2017年10月18日に道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合と、東急不動産より『道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業』の外装デザインを決定したと発表がありました。

 同事業は渋谷駅前にあった「旧東急プラザ渋谷」および隣接する街区の一体開発で、高層部をオフィス、中低層部を商業施設、そして1階には空港リムジンバスも乗り入れるバスターミナルが設置されます。渋谷駅周辺では複数の再開発が同時に進んでいますがここが西口側の顔となります。

▼東急不動産:ニュースリリース(2017年10月18日)
旧東急プラザ渋谷跡地を含む再開発 2019年秋竣工の道玄坂一丁目駅前地区  外装デザイン決定 多様な文化が混在する渋谷を表現

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 こちらは現地看板を撮影した「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。こちらの方が古いデザインとなり、今回発表されたデザインと比べると色々変化はありますが全体のイメージは変わっていません。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
外観(南西側)イメージ[出典:東急不動産]]

セルリアンタワー側から見た外観イメージです。


道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
建物模式断面図[出典:東急不動産]

 このように地下1階〜地上8階と17階、18階が商業施設となり、9階〜17階がオフィスフロアとなります。17階部分の屋上広場が気になるところです。

 建築基準法上の規模は地上19階、高さ103.31mとなりますが運用上では地上18階となります。


道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
アーバン・コア・イメージ[出典:東急不動産]

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
周辺街路整備(北西側)イメージ[出典:東急不動産]

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 2017年9月24日撮影の「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。地下部分の工事を行っているようでした。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 ところで建築計画では地下5階となっていますが、今回のニュースリリースでは地下4階となっていました。上記の通り建築基準法に合わせると地下3階で断面図とも合いますが、実際の地下階数は何階なんでしょうね?当ブログでは建築計画に合わせます。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 渋谷の再開発が終わる頃にはどんな街になっているんでしょうね?完成予想図で見るのと実際に見るのでは全然感覚は違うと思うので楽しみです。

■道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上19階、地下5階
高さ:103.31m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,316.56
延床面積:58,679.49
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年11月1日〜2019年10月31日竣工予定