ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 八重洲通り沿いに建つタワーマンション「ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニューBrillia THE TOWER TOKYO YAESU AVENUE)」(地上30階、高さ99.985m)です。建築計画に記載されている竣工予定は11月末ですが外観は既に完成しているようでした。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 近くから見上げてみました。左に見切れている建設中のビルはオフィスビルの「(仮称)PMO新川二丁目新築工事」(地上9階、高さ38m)です。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 交番横から撮影。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 新川二丁目交差点から撮影。手前の黄色のマンションは「八丁堀東豊エステート」(地上11階)で、再開発には参加しなかったど根性ビルのようにも見えますが、その後ろには道路があり別区画となっています。「ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー」の建設地は「旧キリン本社ビル」と「カヤヌマビル」の跡地です。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 八重洲通り沿いから。共用施設として30階にはスカイテラス、27階にスカイラウンジが設置されます。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 八重洲通りの東京駅側から。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 低層部です。仮囲いは金網になり低層部がはっきりと見えるようになっていました。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 マンション周りは植栽も含めて全て工事は終わっているようでした。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 このようにところどころ水辺があります。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 最寄り駅はJRの八丁堀駅ですが、その駅に一番近い側です。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 このボードを見る限りでは正式名称は英語の「Brillia THE TOWER TOKYO YAESU AVENUE」方みたいですね。公式書類とかはどうなるんでしょうね?

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。次回、訪問時には撤去されていると思うので見納めです。

■ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニューの概要■
名称:ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
計画名:(仮称)中央区新川2丁目計画
所在地:東京都中央区新川2丁目3番1
用途:共同住宅
総戸数:387戸
階数:地上30階、地下1階(30階部分は階段室・ELV機械室)
高さ:99.985m
敷地面積:3,011.97
建築面積:1,525.12
延床面積:38,452.06
構造:鉄筋コンクリート造、直接基礎免震
基礎工法:直接基礎
建築主:東京建物、三菱地所レジデンス
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2014年12月上旬着工〜2017年10月上旬竣工予定
入居:2017年11月下旬予定