赤坂インターシティAIR
 赤坂一丁目の「溜池山王」駅直結の超高層ビル「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。2017年8月31日に竣工し9月7日に竣工式が執り行われました。グランドオープンは9月29日の予定です。

▼新日鉄興和不動産:ニュースリリース(2017年9月8日)
赤坂・虎ノ門エリアの新たなランドマーク 『赤坂インターシティAIR(エア)』が竣工 9月29日(金)グランドオープン

赤坂インターシティAIR
 同方向の低層部です。

赤坂インターシティAIR
 見る角度によってはスマートな超高層ビルにも見えます。

赤坂インターシティAIR
 同方向の敷地内には東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅の出入口が整備されました。9月3日の撮影時点で使用開始されていました。

赤坂インターシティAIR
 低層部です。

赤坂インターシティAIR

赤坂インターシティAIR
 敷地内の緑地面積は約5,000崢兇發旅さがあります。緑化率50%以上です。

赤坂インターシティAIR
 その緑地の中には低層の商業施設棟もあります。

赤坂インターシティAIR
 水辺も整備されています。この場所で後ろを見ると撮影禁止のアメリカ大使館がありますが、この辺りからなら普通にアメリカ大使館の写真が撮れそうです(笑)

赤坂インターシティAIR
 「赤坂インターシティ AIR」を見上げて見ました。緑地側低層部の5階〜12階は総戸数52戸の都心型賃貸住宅「赤坂 AIR レジデンス」となっています。この戸数でも共用施設としてミーティングルームやフィットネスルームがあり、そして5階にはゲストルームもあります。

 ちなみに現時点で賃貸に出ている部屋を見ると、6階、1LDK+LOFT、58.54屐月額41万円〜5階、3LDK+LOFT、112.98屐月額82万円となっていました。

赤坂インターシティAIR
 いつもの汐見坂から撮影。この道路の左側では「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)、右側では「新虎の門病院」(地上19階、最高高さ99.55m)が建設中です。
■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目8番1号
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年8月31日竣工
開業:2017年9月29日グランドオープン予定