幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 幕張で建設中のタワーマンション「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」(地上37階、高さ132.89m)です。タワークレーン2基で地上部の建設が始まっていました。三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業の7社による総戸数503戸の分譲マンションとなります。2017年11月下旬より販売開始予定となっています。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 敷地が広いからでしょうか。プレキャストコンクリートを採用しているようでした。次に撮影に行くときには建設がそれなりに進んでいそうです。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 現地看板を撮影した完成予想概念イラストです。建設地は大規模住宅地区「幕張新都心若葉住宅地区」で海浜幕張駅から見て南東側です。赤枠で囲われた全街区全体は「幕張ベイパーク」と呼ばれており、「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」はその中で第一弾の開発となります。

 水色で囲われたCOMMUNITY ZONEは「若葉3丁目公園」で、この公園を囲むように10年以上かけて6棟のタワーマンションが建設予定となっています。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 そんな「若葉3丁目公園」を移動しながら撮影しています。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 公園の南東側にある小さな山から撮影。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 広角で幕張の超高層ビル群と一緒に撮影。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 そんな幕張の超高層ビル群側から撮影。この直線が結構な長さがあり海浜幕張駅から徒歩15分の距離です。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 現地看板を撮影した外観完成予想CGです。目の前に公園、先程の長い直線の場所には商業施設が計画されており、駅から距離があるというところ以外は将来的には良い環境となりそうです。

幕張ベイパーク マンションミュージアム
 「幕張ベイパーク マンションミュージアム」です。「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」以外でも「幕張ベイパーク」のタワーマンションのモデルルームとして使うのかもしれません。

MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD
 その隣には「MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD」が出来ていました。

MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD
 コーヒーやパイなどがあるようです。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンスの物件概要■
名称:幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
仮称:(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-7街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-18,1-19(地番)
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設、駐車場
総戸数:503戸(タワー棟454戸、レジデンス棟49戸)
階数:地上37階
高さ:132.89m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:17,118.71
建築面積:6,756.07
延床面積:59,608.73
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2016年7月1日着工〜2018年12月中旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定