ホテルオークラ東京 新本館
 虎ノ門で建設中の「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)です。「ホテルオークラ東京 本館」の建て替えで地上38階建て(運用呼称地上41階)の高層棟と地上13階、高さ85mの中層棟が建設されます。2台のタワークレーンで鉄骨を組んでいるのは高層棟側です。

ホテルオークラ東京 新本館
 「ホテルオークラ東京 別館」前から撮影。8階〜25階がオフィスフロアとなり高層階がホテルとなります。中層棟はホテル機能のみとなります。

ホテルオークラ東京 新本館
 反対側から撮影。建設地は傾斜地のためここからだと見上げる感じになります。

ホテルオークラ東京 新本館
 最初に運用呼称41階と書きましたがそれはこの傾斜地のためで、どこを1階として運用するかで階数は変わります。

ホテルオークラ東京 新本館
 仮囲いの透明部分から撮影。手前の鉄骨は中層棟かと思われます。

ホテルオークラ東京 新本館
 以前は散策路があった斜面です。この辺りはどう生まれ変わるんでしょうね?

ホテルオークラ東京 新本館
 「世界貿易センタービル」の展望台から見た「ホテルオークラ東京 新本館」方面です。中央のタワマンの背後に見える2基のタワークレーンが建設地です。そのうち姿が見えるようになります。

虎ノ門方面の超高層ビル群
 広角で見るとこのような感じです。虎ノ門あたりは超高層化がどんどん進んでいますが、右側の「虎ノ門ヒルズ」の周りに3棟の超高層ビルが建設されるのでこの景色は大きく変わります。ただ、撮影場所の「世界貿易センタービル」は建て替えられるため、将来この方向の超高層ビル群が見られなくなるのが残念です。

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:ホテルオークラ東京]

ホテルオークラ東京本館
ホテルオークラ東京本館の施設構成図[出典:新日鉄興和不動産]

ホテルオークラ東京 新本館 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。2019年オープン予定です。

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定