四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
四谷駅前再開発事業 完成予想図[出典:三菱地所]

 四谷駅前地区で建設中の「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上31階、高さ144.68m)の完成予想図です。公務員宿舎跡地や小学校跡地など約2.4haという広大な敷地での再開発で、オフィス、商業施設、住宅、教育施設、公益施設など多機能施設が入る複合ビルとなります。


四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
四谷駅前再開発事業 完成予想図[出典:三菱地所]

 四ツ谷駅から遠い側から見た完成予想図です。高層棟が建っている方向が四ツ谷駅側で、駅から遠い側には約3300屬旅場が整備されます。


四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
四谷駅前再開発事業 配棟イメージ図[出典:三菱地所]

 このように様々な施設が入るビルとなります。出迎えの広場は約1000屬旅さとなります。


四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 四ツ谷駅側から見た「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。現在は掘削工事、山留工事、構台架設が行われています。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 敷地内には実物大外装モックアップがありました。キレイに見える場所を探してみましたが、背の高い仮囲いのため良い撮影場所は見つけられませんでした。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 外堀通りを市ヶ谷側に行った場所から撮影。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 駅から一番遠い側から撮影。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 四谷一丁目交差点から撮影。中を覗ける場所は見当たらなかったので地上鉄骨が組まれ始めるまでは同じような光景が続きそうです。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物の概要■
計画名称:(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都新宿区四谷一丁目50番地
用途:事務所、物販店舗、飲食店、共同住宅、大学、集会場、語学学校、付属自動車車庫
総戸数:60戸
階数:地上31階、塔屋1階、地下3階
高さ:144.68m(最高144.68m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
敷地面積:17,931.82
建築面積:10,329.95
延床面積:139,612.03
建築主:独立行政法人都市再生機構
事業パートナー:三菱地所・第5メック都市開発特定目的会社(三菱地所、阪急電鉄、太陽生命保険が出資するSPC)
基本設計:日本設計・三菱地所設計
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年9月10日着工〜2020年1月下旬竣工予定