アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉完成予想図[出典:アパグループ]

 北仲通北再開発等促進地区で建設中の「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」(地上35階、高さ135.04m)の完成予想図です。

 ここはみなとみらい21地区と関内地区の結節点の地区でみなとみらい線「馬車道」駅から徒歩3分、JR「桜木町」駅から徒歩9分の位置で、ホテル単体では日本最大級となる2311室で2019年秋の開業予定です。

 「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」は都会に居ながらリゾート気分も楽しめる「アーバンリゾートホテル」がコンセプトとなっており、1階と最上階にレストラン・カフェなどの飲食店5区画、コンビニエンスストアや売店など2区画、大宴会場(最大600名収容)、露天風呂付き大浴殿、屋外プール、フィットネス・エステなどが併設されます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 横浜ランドマークタワーの展望台から撮影した「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の建設地です。撮影時は杭工事が行われていました。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 周辺では他の再開発も進行しており、中央がこの地区では最も高くなる「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)、右が「横浜市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)が建設されます。さらには運河沿いにある大きな駐車場2箇所でもそれぞれ超高層ビルが計画されています。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 地上から撮影。横浜ランドマークタワーからはこれだけの距離があるので、みなとみらいの超高層ビル群を眺めるには良い距離のホテルとなりそうです。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 運河沿いに既設の公園と連続した「水際線プロムナード」が整備され、「水と緑のモニュメント」を設けた約3,000屬旅場も整備されます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の物件概要■
名称:アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通五丁目25番3
用途:ホテル、集会場、飲食、物販、自動車車庫
総客室数:2311室
階数:地上35階、地下2階
高さ:135.04m
構造:地上 鉄骨造(柱CFT)+制震部材
   地下 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎:直接基礎
敷地面積:8,328.63
建築面積:3,993.47
延べ面積:64,516.80
建築主:アパマンション
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2017年4月1日着工〜2019年8月31日竣工予定
開業:2019年秋