日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 日本橋室町で建設中の「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」(地上26階、高さ142m)です。現在はタワークレーン3基で低層階の鉄骨を組んでいます。

 東京メトロ銀座線「三越前」駅直結となる超高層ビルで、この周辺では右の「日本橋三井タワー」(地上39階、最高高さ194.69m)に次ぐ高さの超高層ビルとなります。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 室町三丁目交差点から撮影。低層階の面積はかなり大きいですが、中央通り沿い側は周辺の他のビルと同じく高さ31mでセットバックします。昔は百尺規制という高さ31m制限があり、その当時のビルと合わせた高さ31mラインを作って統一感のある街並みにしています。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 中央通り沿いを移動して撮影。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 角地には再開発には参加しなかったど根性ビル「海老屋ビル」が建っています。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 細い道を入った場所から撮影。「日本橋三井タワー」との間にあるこの細い道沿いには広場が整備されます。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース[出典:東京都]

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

■日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区の物件概要■
計画名称:日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
所在地:東京都中央区日本橋室町三丁目10番
用途:事務所、店舗等
階数:地上26階、地下3階
高さ:142m
敷地面積:11,483.91
建築面積:8,600
延床面積:168,000
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
建築主:日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産
設計者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
施工者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
工期:2015年12月1日着工〜2019年3月31日竣工予定