八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 東京駅前の八重洲に建設される「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上44階、高さ約245m)の完成予想図です。総事業費は2398億円、2018年11月着工、2022年8月竣工予定となっており、事業協力者として三井不動産が参画しています。


八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 断面図
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 断面図[出典:東京都]

 A-1街区は地上44階、地下4階、高さ約245m、約277,500屬諒9腑咼襪蚤臧分はオフィスフロアとなり、地下にバスターミナル、低層部に店舗と中央区立城東小学校の新校舎が入り、そして高層部はホテルといった構成になります。

 A-2街区は地上7階、地下2階、高さ約50m、約5,850屬離咼襪如1階に店舗、2、3階に子育て支援施設、4〜6階がオフィスフロア、そして7階が住宅となります。


八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]


八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 位置図
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 位置図[出典:東京都]

 このように東京駅の目の前が建設地となります。また、「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の北側には「東京駅前八重洲1丁目東地区」(地上54階、高さ約250m)、南側には「(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、高さ約240m)が計画されており、巨大な超高層ビルが3棟並ぶこととなります。


八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 既存建物解体工事
 そういった八重洲の再開発の第一弾として「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の既存建物の解体工事のお知らせが掲示されました。

 解体工事の名称は「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 既存建物解体工事」で2017年9月1日から2018年11月30日までの工期で竹中工務店によって解体工事が行われます。解体される建物は全部で20棟で、再開発事業区域の中心には「中央区立城東小学校」があります。そのため再開発ビルに再び「中央区立城東小学校」が入ることとなります。

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
 東京駅前から撮影した「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」方面です。角地の「ヤンマー東京ビル」はこの再開発事業には参加していません。

住友生命八重洲ビル
 東京駅八重洲口の「グランルーフ」から撮影。

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
 別角度からもう1枚。来月からこの辺りのビルがどんどん解体されていきます。

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
 上の写真の両ビルの間には東京駅前にも関わらずスクールゾーンがあります。

中央区立城東小学校
 それはこれから解体される「中央区立城東小学校」があるためです。

中央区立城東小学校
 小学校は夏休みの間に坂本町公園に校舎移転します。

中央区立城東小学校
 それにしても東京駅前からはオフィスビルで全く見えないので、ここに小学校があることを知っている人は少なそうですね。

中央区立城東小学校
 この校舎が竣工したのは昭和4年3月19日で88年の歴史があり、当時は学校周辺に住宅街が広がっていたとのことです。今ならまだこうして校舎を見ることが出来ます。

 新たに建設される超高層ビルは自分達が生きている間に解体されることはないと思うので、「中央区立城東小学校」の校舎はまた長い歴史を作ることとなりそうですね。

■八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業(A-1街区)の概要■
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目地内
用途:事務所、店舗、宿泊施設、教育施設(区立小学校)、バスターミナル等
階数:地上44階、地下4階
高さ:約245m
地区面積:約1.5ha
延床面積:約277,500
事業者:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合(事業協力者:三井不動産)
都市計画コンサルタント:日本設計
事業コンサルタント:都市ぷろ計画事務所
工期:2018年11月着工〜2022年8月竣工予定