日本橋一丁目中地区 イメージパース
日本橋一丁目中地区 イメージパース[出典:内閣府]

 三井不動産と野村不動産による大規模再開発「日本橋一丁目中地区」の概要が『都市再生特別地区(日本橋一丁目中地区)都市計画(素案)の概要』として内閣府の国家戦略特区のHPにて公開されました。

 A街区からD街区の4つの街区に分かれており、C街区が地上51階、地下5階、高さ約287mという日本橋地区では最大の超高層ビルとなります。D街区は建設済みの「COREDO日本橋」が入る「日本橋一丁目三井ビル」です。

▼内閣府:国家戦略特区(2017年8月14日)
第12回 東京都都市再生分科会 配布資料


日本橋一丁目中地区 配置図
日本橋一丁目中地区 配置図[出典:内閣府]

 各街区の配置はこのようになり、D街区の「日本橋一丁目三井ビル」は改修されC街区と接続されます。A街区とB街区は日本橋川に面しており親水広場の広場、船着場の増設も行われます。


日本橋一丁目中地区 断面図
日本橋一丁目中地区 断面図[出典:内閣府]

 地上51階、地下5階、高さ約287mとなるC街区の大部分は事務所ですが、高層部は国際級ホテルとなり、低層部には大規模カンファレンスも整備されます。配布資料の物件概要を見ると主要用途に住宅(サービスアパートメント等)との記載もあるので、ホテルの一部がサービスアパートメントになるものと思われます。


日本橋一丁目中地区 位置図
日本橋一丁目中地区 位置図[出典:内閣府]

 計画地は東京メトロと都営地下鉄の日本橋駅近くで、地下接続通路や新設改札口等の整備により接続されます。

 日本橋川沿いでは同地区も含めて5地区で再開発が計画されており、これらが全て超高層ビルとなれば東京駅周辺の超高層ビル群と日本橋の超高層ビル群が一帯化し、巨大な超高層ビル群がさらに拡大することとなります。


日本橋一丁目中地区 イメージパース
日本橋一丁目中地区 イメージパース[出典:内閣府]

 日本橋川に架かる橋「日本橋」から見たイメージパースです。


日本橋一丁目中地区 イメージパース
日本橋一丁目中地区 イメージパース[出典:内閣府]

 日本橋川沿いのイメージパースです。線で描かれている通り日本橋川の上には首都高が通っていますが、このあたりの首都高は地下化が計画されています。首都高地下化と周辺の再開発が進むと日本橋川周辺の光景は大きく変わります。


日本橋一丁目中地区 計画地の空撮
 以前にも載せましたが「日本橋一丁目中地区」の空撮です。

■日本橋一丁目中地区 C街区の物件概要■
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、店舗、ホテル、住宅(サービスアパートメント等)、カンファレンス施設、ビジネス支援施設、駐車場等
階数:地上51階、地下5階
高さ:約287m
敷地面積:約15,600
延床面積:約395,000
事業主:日本橋一丁目中地区再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、野村不動産
コンサルタント:日建設計
工期:2020年度着工(解体)〜2025年度竣工予定


日本橋兜町7地区(A-1街区) 位置図
日本橋兜町7地区(A-1街区) 位置図[出典:内閣府]

 今回、公開された「第12回 東京都都市再生分科会 配布資料」では「日本橋一丁目中地区」からも近い「日本橋兜町7地区(A-1街区)」についても同時に概要が公開されました。

日本橋兜町7地区(A-1街区) イメージパース
日本橋兜町7地区(A-1街区) イメージパース[出典:内閣府]

 同地区は平和不動産による地上15階、地下2階、高さ約90m、約38,000屬離フィスビルとなります。2018年度着工、2020年度竣工予定となっており、「日本橋一丁目中地区」よりも一足先に完成予定となっています。