シティタワーズ東京ベイ
 有明で建設中の住友不動産のトリプルタワーマンション「シティタワーズ東京ベイ」(地上32〜33階、最高高さ118.97m)の建設地です。ゆりかもめの車内から撮影しました。

 計画名称は「(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画」で「(仮称)東京ベイ トリプルタワープロジェクト」として公式HPがオープンしていましたが「シティタワーズ東京ベイ」に名称が決定しています。

シティタワーズ東京ベイ ウエストタワー
 「シティタワーズ東京ベイ ウエストタワー」(地上32階、最高高さ118.97m)です。最寄り駅となるゆりかもめ「有明」駅、りんかい線「国際展示場」駅に一番近い棟となります。

シティタワーズ東京ベイ ウエストタワー
 地下部分の工事が進んでいるのがわかります。

シティタワーズ東京ベイ セントラルタワー
 「シティタワーズ東京ベイ セントラルタワー」(地上33階、最高高さ118.97m)です。トリプルタワーの真ん中で板状のタワーマンションとなります。

シティタワーズ東京ベイ セントラルタワー
 公式HPの物件概要を見るとセントラルタワーに地下はないので、今見えている床は免震層になるのかもしれません。

シティタワーズ東京ベイ イーストタワー
 「シティタワーズ東京ベイ イーストタワー」(地上33階、最高高さ118.97m)です。かなりわかりにくいですが、2基いる水色のクローラークレーンの間が建設地です。

シティタワーズ東京ベイ
 「シティタワーズ東京ベイ」全体です。建築計画のお知らせだと高さ113.87m、最高高さ118.97mとなっていますが3棟全て同じかは不明です。ただ、当ブログでは3棟同じ高さとして扱っています。

シティタワーズ東京ベイ 完成予想図
シティタワーズ東京ベイ 完成予想図[出典:公式HP]

 3棟合わせた総戸数は1539戸という大規模免震トリプルタワーです。共用施設としてパーティラウンジやパーティルーム、ライブラリーラウンジなどが設置されます。


シティタワーズ東京ベイ 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■シティタワーズ東京ベイの物件概要■
名称:シティタワーズ東京ベイ
計画名:(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画
所在地:東京都江東区有明2丁目1番
用途:共同住宅、商業、保育施設、駐車場等
総戸数:1539戸
階数:地上32階、塔屋2階、地下1階(ウエストタワー)
   地上33階、塔屋2階(セントラルタワー)
   地上33階、塔屋2階(イーストタワー)
高さ:113.87m(最高部高さ118.97m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
基礎工法:場所打ち鋼管コンクリート拡底杭
敷地面積:32,627.38
建築面積:9,679.71
延床面積:159,366.91
建築主:住友不動産
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
工期:2016年10月中旬着工〜2019年7月下旬竣工予定
入居:2020年2月下旬予定


有明北3-1地区
 「シティタワーズ東京ベイ」の建設地は大きく「有明北3-1地区」と呼ばれている場所でA街区からC街区まであります。この道路の右側が「シティタワーズ東京ベイ」の建設地であるA街区、左側の手前がB街区、奥がC街区となっています。

有明北3-1地区(3-1-B・C街区)
 この「有明北3-1地区(3-1-B・C街区)」では商業施設、ホール、ホテル、サービスアパートメントなどが建設されます。手前のB街区側は2020年の竣工予定ですが、全体の完成予定は2026年となっています。しばらくの間は建設工事が続きそうです。