パークコート赤坂檜町ザ タワー
 六本木駅近くで建設中の超高級分譲タワーマンション「パークコート赤坂檜町ザ タワー」(地上44階、最高高さ166.23m)です。既に上棟しておりタワークレーンが1基解体されていました。反対側のタワークレーンはまだ残っています。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 低層部です。ここは傾斜地となっており坂の下にある道路まで行ける階段とエレベーターが設置されます。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 坂を下りたところにある歩道橋から撮影。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 低層部です。左手前には小さな広場がある桑田記念児童遊園が整備されます。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 歩道橋から少し乃木坂方面に移動して撮影。最高価格は15億円の全戸億ションでしたが既に全戸完売しています総戸数322戸のうち、一般販売戸数163戸、事業協力者販売住戸34戸、地権者住戸125戸となっており、地権者住宅には中古市場に出ると億以下となる狭い部屋があるかもしれません。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 東京ミッドタウン側から撮影。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 高層部です。共用施設として屋上には空中庭園が設置されます。また、27階にはビューラウンジとゲストルームがあります。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 東京ミッドタウンに隣接する港区立檜町公園から撮影。デザインは隈研吾氏で一本の檜をモチーフにしています。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 公園内の池越しに撮影。隣には東京ミッドタウンがあるので眺望の邪魔かもしれませんが、公園に超高層ビルが建つことはまず考えられないので、公園方面は将来に渡って眺望は安泰と言えるかと思います。

■パークコート赤坂檜町ザ タワーの物件概要■
名称:パークコート赤坂檜町ザ タワー
仮称:(仮称)赤坂九丁目タワープロジェクト
計画名称:赤坂九丁目北地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都港区赤坂9丁目313番
用途:共同住宅、子育て支援施設、小規模多機能型居宅介護施設
総戸数:322戸(一般販売戸数163戸、事業協力者販売住戸34戸、地権者住戸125戸)
階数:地上44階、塔屋1階、地下2階
高さ:157.18m(最高高さ166.23m)
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎一部杭基礎
敷地面積:4,656.24
建築面積:1,887.63
延床面積:44,443.25
建築主:赤坂九丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル(売主)
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2015年2月26日着工〜2018年2月下旬竣工予定
入居:2018年4月下旬予定