臨港消防署月島出張所 仮設庁舎整備業務 建築計画のお知らせ
 6月30日の当ブログで「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」が7月1日に工事着手と第一報を載せましたが、実際、現地どうなっているのか現地確認に行ってみたところ「勝どき東地区第一種市街地再開発事業に係る臨港消防署月島出張所 仮設庁舎整備業務」の建築計画のお知らせが掲示されていました。

 同再開発の敷地内に「臨港消防署月島出張所」がありA3地区に新たに消防署が建設されますが、それまでの間に使用する仮設の消防署をまず最初に建設ということのようでした。

 建築主は勝どき東地区市街地再開発組合、規模は地上3階、高さ11.902m、延べ803.60屬巴綛は2017年9月11日、竣工は2018年1月15日です。この仮設消防署に移転すると同再開発の解体工事が本格的に始まるかと思います。

臨港消防署月島出張所仮庁舎敷地解体業務 解体工事のお知らせ
 建設地には解体工事のお知らせも出ていました。名称は「勝どき東地区第一種市街地再開発事業に係る臨港消防署月島出張所仮庁舎敷地解体業務 解体工事のお知らせ」で、2017年7月31日から9月11日までの工期で大和リースによって解体が行われます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 仮設の消防署の建設地このコインパーキングあった場所です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 隣の倉庫のような建物の左側が敷地かと思います。
 建築計画のお知らせと解体工事のお知らせに気を取られて現地の写真をまともに撮っていませんでした…。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 コインパーキングは既に閉鎖されて撤去されています。
 また、後ろのマンションは「黎明スカイレジテル」でB地区の建設地となります。

臨港消防署月島出張所
 現在の「臨港消防署月島出張所」です。この消防署が上の敷地に仮移転しますが、再開発後は同じ場所に戻ってきます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 昨年10月に空撮した「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。「臨港消防署月島出張所」は計画地の中央あたり、仮移転場所は左の「黎明スカイレジテル」の右側です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース[出典:日刊建設工業新聞]

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図[出典:東京都]

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の概要を載せておくと以下の通りとなります。

・A1地区:地上58階、地下1階、高さ約195m、延べ約18万0245
 住宅(約1590戸)、公共公益施設
・A2地区:地上45階、地下1階、高さ約165m、延べ約13万4410
 住宅(約1070戸)、事務所、商業公共公益施設
・A3地区:地上3階、延べ約1200屐⊂男表
・B地区:地上29階、地下1階、高さ約106m、延べ約5万3350
 住宅(約460戸)、商業、公共公益施設

 参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画しており、設計や施工などを担う特定業務代行者は清水建設と鹿島建設に決定しています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 ここからは現在の同再開発地区内の様子を載せておきます。ここはA1地区です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A1地区です。右の倉庫のさらに右側に朝潮運河があります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A地区から見たA2地区、B地区方面です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A2地区の端から見たA1地区方面です。この左側が仮設の消防署の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A2地区です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A2地区で一番「勝どき駅」に近い場所です。この辺りに勝どき駅に繋がる地下通路の出入口が建設されます。

 このような感じで仮設の消防署が建設される場所以外はこれから再開発があるような雰囲気はありませんが、消防署移転後かその直前くらいから一気に解体工事などが始まるかと思います。