日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース[出典:東京都]

 東京メトロ銀座線「三越前」駅、JR総武本線「新日本橋」駅のすぐ近くに建設される「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」(地上26階、高さ142m)の完成予想パースです。駅名だけだと場所はピンと来ないかもしれませんが、左後ろに描かれている「日本橋三井タワー」(地上39階、最高高さ194.69m)の隣が建設地です。


日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 このように街区はA街区とB街区に分かれています。ただ、B街区は見ての通り狭い場所で5階建ての教育施設が建設されます。


日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 6月11日撮影の「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 地上部の鉄骨が組まれ始めています。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 室町三丁目交差点から撮影。11,483.91屬箸い広大な敷地が建設地です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 北西側から撮影。超高層化が進む大手町・丸の内は三菱村とも呼ばれていますが、この日本橋の三井村も超高層化が進み出しています。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区 建築計画
 A地区の建築計画のお知らせです。

■日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区の物件概要■
計画名称:日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
所在地:東京都中央区日本橋室町三丁目10番
用途:事務所、店舗等
階数:地上26階、地下3階
高さ:142m
敷地面積:11,483.91
建築面積:8,600
延床面積:168,000
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
建築主:日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産
設計者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
施工者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
工期:2015年12月1日着工〜2019年3月31日竣工予定


日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業B地区
 B街区です。こちらは既存ビルの解体工事です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業B地区 建築計画
 跡地にはこの建築計画のお知らせの通り、地上5階、高さ30m、延べ3,100屬龍軌藥楡澆建設されます。