(仮称)丸の内3-2計画
 日比谷通りの馬場先門交差点から撮影した建設中の超高層ビル「(仮称)丸の内3-2計画」(地上30階、最高高さ150m)です。皇居側となる日比谷通り側は高さ31m(百尺)で揃えてセットバックしたデザインとなりますが、高層部分の鉄骨が組まれてはじめてその様子がわかるよになってきました。

(仮称)丸の内3-2計画
 北東側から撮影。「東京商工会議所ビル」「東京會舘ビル」「富士ビル」の建て替えです。

(仮称)丸の内3-2計画
 南東側から撮影。右側の仮囲いに絵が描かれている方が丸の内仲通りで、この通り沿いに路面店舗が整備されます。

(仮称)丸の内3-2計画
 最初の写真の方向に戻って皇居側より撮影。

(仮称)丸の内3-2計画
 左の超高層ビルは「明治安田生命ビル」(地上30階、高さ146.8m)で、横幅はそこまでありませんが「(仮称)丸の内3-2計画」はそれと同じような感じの超高層ビルとなります。

(仮称)丸の内3-2計画 完成予想図
(仮称)丸の内3-2計画の完成予想図[出典:三菱地所・東京商工会議所・東京會舘]

(仮称)丸の内3-2計画
(仮称)丸の内3-2計画の断面図[出典:三菱地所・東京商工会議所・東京會舘]

 フロア構成はこのように三菱地所・東京商工会議所・東京會舘による区分所有となります。


(仮称)丸の内3-2計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。今回はこの物件概要の後におまけがあります。

■(仮称)丸の内3-2計画の物件概要■
計画名:(仮称)丸の内3-2計画 新築工事
所在地:東京都千代田区丸の内3丁目10番地
用途:事務所、商業施設、宴会場、会議場、駐車場
階数:地上30階、塔屋2階、地下4階
高さ:140m(最高高さ150m)
構造:地上:鉄骨造 地下:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,935.02
建築面積:8,355.06
延床面積:173,190.18
建築主:三菱地所、東京商工会議所、東京會舘
設計者:三菱地所設計
施工者:大成建設
工期:2015年11月着工〜2018年10月中旬竣工予定


皇后さまの車列
 「(仮称)丸の内3-2計画」の撮影後に大手町に向かって歩いていたのですが、信号を渡ろうとしてもなかなか信号が変わらない。あれっと思って周りを見ると警察官が信号を操作していました。これは皇族が通るのかと思っていたところ、それらしい車列が皇居から出てきました。

皇后美智子さま
 なんとその車列は皇后美智子さまでした。はじめてお目にかかりました。皇居周りを歩いているとこのようなこともあるんですね。ビックリです。