大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 大手町で建設中の巨大な超高層ツインビル「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」です。昨日、東京スカイツリーの天望回廊から撮影しました。奥のシルバーのタワークレーンがA棟で地上35階、最高高さ182m、手前のオレンジのタワークレーンがB棟で地上32階、高さ約163mです。このタワークレーンの色でだいたいわかるかと思いますが、A棟は竹中工務店、B棟は大林組の施工です。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 5月21日に現地から撮影した「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」です。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 もう少し近付いて撮影。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 首都高とJRの高架越しに撮影。この線路に近い側が「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上32階、高さ約163m)です。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 B棟の建設地は「東京国際郵便局ビル」などの跡地で大部分が国有地です。そのため5〜31階は国が所有者となりますが、テナント選定後に売却予定となっています。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 皇居側に建つ「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上35階、最高高さ182m)です。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 A棟の建設地は逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)」の跡地であり、高層階はNTTグループの所有、低中層階は郵政グループの所有となります。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 おまけで昨日のブログに載せた「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の建設地予定地に建つ「日本ビル」越しに見た「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」です。高さ390mの超高層ビル建設のために解体されるため、そのときにはもっと見えるようになります。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業による新しい橋[出典:千代田区]

 ところで「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」では隣の日本橋川に歩行者専用の橋を架けますが、その新しい橋の名称の募集が始まりました。そこに橋の概要と完成予想図が載っていました。これは大手町側から見た橋で直接2階部分に接続されます。

▼千代田区:2017年5月20日
新しい橋の名称を募集します


大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業による新しい橋[出典:千代田区]

 こちらは橋を渡った側でちょっとした広場も整備されるようです。


大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業による新しい橋[出典:千代田区]

 橋の上です。こうして色々な道が増えるのはいいですね。


大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。A棟とB棟は低層部で繋がるので1棟扱いとなるのか両棟合わせた数値しか載っていません。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
所在地:東京都千代田区大手町二丁目1番17から34
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上35階、塔屋1階、地下3階
高さ:約178m(※ 建築計画では高さ179.00m、最高182.00m)
構造:(地上)S造、(地下)SRC造、RC造、S造
敷地面積:19,898.68
建築面積:13,929.00
延床面積:約202,000
建築主:エヌ・ティ・ティ都市開発
設計者:日本設計
施工者:竹中工務店
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
所在地:東京都千代田区大手町二丁目1番17から34
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上32階、塔屋1階、地下3階
高さ:約163m
構造:(地上)S造、(地下)SRC造、RC造、S造
敷地面積:19,898.68
建築面積:13,929.00
延床面積:約152,000
建築主:独立行政法人都市再生機構
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定