(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 BRTの発着所も併設される超高層ビル「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)の建設地です。4月30日に隣接する歩道橋から撮影しました。現地作業予定では5月2日から山留め工事となっていました。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 歩道橋を降りた場所から撮影。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 建設地の隣に建つ「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の2階部分から撮影。完成時にはペデストリアンデッキで接続されます。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 路地を入った場所から撮影。こちらの側にBRTの発着所や約1200屬慮園が建設されます。ところで築地移転が進まない現状ではBRTはどうなってしまうんでしょうね?計画では築地移転後に開通する環状2号線を通って有明方面で繋がるはずでした。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 柵が低い部分があったので中を覗いてみました。 

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 まだ既存ビルの土台が残っている部分がありました。既存建物除去工事としての工期は2019年12月31日までとまだまだ先になっています。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 完成予想図
(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 完成予想図[出典:森ビル]


(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 断面図
(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 断面図[出典:森ビル]

 地下1階〜地上3階が高品質の食品スーパーや大型飲食施設などが入る約6,300屬療絞泪侫蹈△箸覆蝓4階には約3,000屬離ぅ離戞璽轡腑鵐札鵐拭爾開設され、そして5階〜36階が総貸室面積約94,000屬離哀蹇璽丱襯譽戰襪離フィスフロアとなります。また、新設される地下通路によって東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」と、東京メトロ日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」に接続されます。


(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
事業名:虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(高層棟)
所在地:東京都港区虎ノ門一丁目201番1
用途:事務所、店舗、ビジネス支援施設、駐車場 等
階数:地上36階、塔屋3階、地下3階
高さ:183.415m(最高185.415m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
敷地面積:10,064.60
建築面積:8,403.69
延床面積:173,223.90
施工者:虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:森ビル、西松建設、京阪電気鉄道、東京都市開発
設計者:森ビル
デザイナー:(外装)インゲンホーフェン・アーキテクツ、(内装)ワンダーウォールほか
施工者:大林組、きんでん、三機工業、斎久工業
工期:2017年2月1日着工〜2019年12月31日竣工予定