パークタワー晴海
 晴海に建設されるタワーマンション「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)の完成予想図です。現地看板を撮影しました。ランドスケープデザインにあのディズニーのオリエンタルランドが担当しており、「くじら」をキーワードにイマジネーションランドを構成し「くじらアイランド伝説」で綴られる5つのゾーンが設けられます。

パークタワー晴海
 昨日、5月3日に撮影した「パークタワー晴海」の建設地です。1基目のタワークレーンが設置されていました。

パークタワー晴海
 反対側の晴海臨海公園から撮影。

パークタワー晴海
 タワークレーンの左奥が月島駅前のタワーマンション群で、そこが最寄り駅で徒歩12分となります。

パークタワー晴海
 タワークレーンはもう1基設置されるかと思います。

パークタワー晴海
 少し広角で撮影。地上部の建設が始まるのはまだもうちょっと先ですかね。

小野田晴海レミコン跡地
 建設地の隣には小野田晴海レミコン跡地の広大な土地があります。まだ何が建つのかは決まっておりませんが、もしタワーマンションとなる場合は周辺と同じくらいの高さのタワーマンションにするような話があるそうです。

パークタワー晴海
 ここらかは周辺から撮影した「パークタワー晴海」方面の景色です。

パークタワー晴海
 建設地の2方向が晴海運河のため撮影スポットがいっぱいあります。

パークタワー晴海
 周辺の晴海のタワーマンションや超高層ビル群がいい感じです。

パークタワー晴海
 ららぽーと豊洲から撮影。

パークタワー晴海
 豊洲側から見るとこのように今は「ザ・パークハウス晴海タワーズ」が目立っていますが、「パークタワー晴海」が建つとトリプルタワーかのように大きなタワーマンションが3棟建ち並ぶこととなります。

パークタワー晴海
 これは現地看板を撮影したものですが、このように晴海運河の目の前に3棟建ち並ぶ姿はなかなか迫力がありそうです。

パークタワー晴海 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。工期が5年近くもあるのは途中で一旦工事をやり直したためです。第一期は42.53屐121.16屬4600万円台〜2億3000万円台とかなりお高いタワーマンションとなっていますが、工期の遅れがなかったらもうちょっと安かったのかなとも思います。

■パークタワー晴海の物件概要■
名称:パークタワー晴海
計画名:(仮称)中央区晴海二丁目計画
所在地:東京都中央区晴海二丁目104番、105番(地名地番)
用途:共同住宅、保育所、店舗
総戸数:1076戸(他に保育施設1区画、店舗1区画)
階数:地上48階、地下1階
高さ:169.99m(最高高さ178.49m)
敷地面積:19,161.72
建築面積:5,110.66
延床面積:120,797.93
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎
建築主:三井不動産レジデンシャル
売主:三井不動産レジデンシャル、近鉄不動産、JX不動産、新日鉄興和不動産、住友商事
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2014年8月1日着工〜2019年5月下旬竣工予定
入居:2019年9月下旬予定