(仮称)豊島プロジェクト(ハレザ池袋)

(仮称)豊島プロジェクト
 サンシャイン60の展望台から撮影した豊島区庁舎跡地と豊島公会堂跡地の再開発「(仮称)豊島プロジェクトハレザ池袋)」です。両棟は既に解体され現在は山留工事が行われています。

(仮称)豊島プロジェクト 完成予想図
 現地看板を撮影した「(仮称)豊島プロジェクト」の完成予想図です。左が豊島区庁舎跡地のA敷地で地上33階、高さ158.28mのオフィス棟が建設されます。フロア構成は1階は店舗、2〜6階が10スクリーンのシネコンとなり、7階〜32階がオフィスフロアとなります。

 中央が豊島公会堂跡地のB敷地で地上8階、高さ41.27mの新ホール棟が建設されます。フロア構成は地下1階が集会場、1〜2階が店舗、1〜8階が公会堂となります。ミュージカル・宝塚歌劇・オペラ・伝統芸能など様々な公演が行われる約1300席の「新ホール」や先端のコンテンツが発信される「ライブ劇場」となります。

 右が別の隣の敷地で地上9階、高さ39.782mの「(仮称)新区民センター」です。ここは豊島区が整備する施設で「多目的ホール」が複数整備されます。

(仮称)豊島プロジェクト 完成予想図
 現地看板を撮影した別角度の完成予想図です。ここに書いてある通り「8つの劇場空間」が誕生します。手前は中池袋公園です。

(仮称)豊島プロジェクト 完成予想図
 現地看板をもう1枚。同プロジェクトの愛称は「ハレザ(Hareza)池袋」に決定しています。

池袋
 場所はこのサンシャイン60からの眺めの右下です。左真ん中あたりが池袋駅です。

(仮称)豊島プロジェクト 建築計画のお知らせ
 「(仮称)豊島プロジェクト」の建築計画のお知らせです。


(仮称)豊島プロジェクト A敷地

(仮称)豊島プロジェクト A敷地
 「(仮称)豊島プロジェクト A敷地」(地上33階、高さ158.28m)にズームです。上から見るとこのように工事が着々と進んでいるのがわかります。

(仮称)豊島プロジェクト A敷地
 地上から撮影。右奥の超高層ビルがサンシャイン60です。

■(仮称)豊島プロジェクト(A敷地)の物件概要■
計画名:(仮称)豊島プロジェクト(A敷地)
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目18番
用途:店舗、映画館、オフィス
階数:地上33階、地下2階
高さ:158.28m
構造:S造+RC造+SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:3,619.67
建築面積:2,195.00
延床面積:68,675.00
事業者:東京建物(代表)、サンケイビル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年12月8日着工〜2020年5月31日竣工予定


(仮称)豊島プロジェクト B敷地

(仮称)豊島プロジェクト B敷地
 「(仮称)豊島プロジェクト B敷地」(地上8階、高さ41.27m)にズームです。

(仮称)豊島プロジェクト B敷地
 地上から撮影。入ったことはありませんでしたが豊島公会堂があった頃が懐かしいです。


(仮称)新区民センター

(仮称)新区民センター
 B敷地の隣の「(仮称)新区民センター」(地上9階、高さ39.782m)です。こちらは建築主が豊島区長となっています。