(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 横浜みなとみらい21地区の東側の北仲通地区で建設中の「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」(地上58階、高さ199.95m)の建設地です。横浜ランドマークタワーの展望台から撮影しました。

 建築主は三井不動産レジデンシャルと丸紅で5階〜45階と52階〜58階が総戸数1179戸(事業協力者住戸50戸含む)の分譲マンションとなり、そして地上46階は展望フロア、レストラン、宿泊施設「オークウッド」のロビーとなり、47階〜51階が「オークウッド」(175室)の客室となる複合施設が建設されます。低層部には商業施設などが入ります。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 少し広角で撮影。

横浜ランドマークタワーからの眺め
 さらに広角で撮影。最寄り駅はみなとみらい線「馬車道」駅で徒歩1分です。その他にも写っていませんが写真右下あたりにあるJR「桜木町」駅までは徒歩8分の距離です。

 建設地周辺には駐車場や空き地が複数箇所ありますが、建設地右側には「横浜市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)、建設地左上には「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」(地上35階、高さ135.50m)が建設されます。また、手前の駐車場でも超高層ビルの建設が計画されています。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 地上から見た「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」の建設地です。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 中を覗くとこのような感じでした。

(仮称)北仲PJマンション販売センター
 道路を挟んだ隣では「(仮称)北仲PJマンション販売センター」が建設中です。今年の10月下旬から販売開始予定です。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 現地看板を撮影した「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」の完成予想図です。展望フロアが入る地上46階は高さ約150mとなります。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクトの物件概要■
プロジェクト名:(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
計画名:(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2他
用途:共同住宅・ホテル・店舗・駐車場
総戸数:1179戸(事業協力者住戸50戸含む)
階数:地上58階、地下1階
高さ:199.95m
構造:RC造(一部S造)
敷地面積:13,135.37
建築面積:8,760.12
延べ面積:168,225.33
建築主:三井不動産レジデンシャル、丸紅
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年11月1日着工〜2020年2月下旬竣工予定
入居:2020年4月下旬予定